2017年07月25日

『トランプ大統領とアメリカの真実』を読んで...

副島隆彦氏著『トランプ大統領とアメリカの真実』を読みました。

トランプ大統領とアメリカの真実 -
トランプ大統領とアメリカの真実 -

昨年の6月に出た本ですが、図書館で予約を入れておいたところ、先日ようやく自分の順番が来たという人気の一冊でした。

待ち遠しく待っていたので、ほぼ1日半くらいで一気に読みました。

例によって、気になった箇所を引用してみたいと思います...

一連のトランプ暴言発言の中で、お、これは凄いと思ったものがいくつかある。極めつけは、この発言だ。2016年2月23日、ネバダ州での勝利演説での「私は低学歴の人たちが好きだ」”I like people with lower educations”というものだ。党員集会に来ていた数千人の聴衆は、これにワーと拍手と歓声で応えていた。


偽善者のハーヴァード大学の教授ども(たいていはリベラル派で民主党支持)や、ニューヨーク・タイムズ紙(日本で言えば朝日新聞)の記者のような知識人たちは、「黒人の少年たちがしっかり勉強して大学に行って、もっと勉強して立派な人になれるように、社会が助けなければいけない」というようなことを真顔でテレビで言う。


有名コメンテイター(発言者)たちのコメントを、ずっと聞かされながらアメリカ国民は育つ。「もっともっと勉強しろ。賢い人になれ。立派な人になれ」と言われ続けた。ところが現実の世の中は、その学歴競争からの落ちこぼればっかりだ。


「バカでけっこう。18歳になった人間に、もっと勉強しろとか、もっと立派な人間になれとか、あれこれ言うな。失礼だ。皆、自分の能力に応じて自力で稼いで生きているなら、それでいいのだ」である。


アメリカだって、日本とそんなに変わらない学歴社会。

でも、そんな高学歴でアメリカ社会を仕切っている人たちへの怒りがトランプ大統領を生んだというわけです。

言い換えれば、”自己啓発や出世への努力”といった価値観に従うかそうでないかは、個人の自由だということですね。

なにか、アーリーリタイアメントにも通じる感じ...


なお、投資で参考になる言葉はコレ...

「ブランド化戦略」こそは、日本発のポケモン(任天堂)やキティちゃん(サンリオ)を例に出すまでもなく、現在の重要な世界戦略である。大企業や小国の政府などよりも世界ブランドになったキャラクターのほうが値段は高い。


これには自分も納得です...

あと、付け加えるとすれば、ブランドが無い無名企業で、価値ある企業の株かな...

要するに、”化ける会社”ってヤツ...

結局、どっちかですよね、株価が上がっていくのは...
ブランド企業か無名の価値ある企業かの。

今回も参考になりました...






P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。






posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

富士急ハイランドに欅坂46のライブに行ってきました

昨日、山梨県の富士急ハイランドまで、欅坂46のライブに行ってきました。

お天気は、開演3〜4時間前に小雨がぱらつき、その後も怪しい雲行きでした。
(富士山も煙った中、顔を少し出しています)

0723_22.jpg

が、ライブ開始〜終わりまで、なんとか晴れてくれました...

凝った作りの入場ゲートとなっておりました。

0723_20.jpg

席はまずまずのところ...

0723_21.jpg

若者中心でしたが、年を食った人(明らかな中高年の方)もちらほらといました。

また、女性アイドルなのに、若い女性のファンが多いのもこのグループの特徴です。

カッコ良さが惹きつけるんですかね...

概要はネット・ニュースの以下の記事で...



野外ライブという開放的な空間のなか、最初は明るかった(開演は17時)のがやがて薄闇に包まれ、そして照明と演出と相まって幻想的な雰囲気になりました。

そのなかで、リズム感のある音楽と会場一体となった盛り上がりを肌で感じることができ、とても素晴らしい体験の一夜となりました。

標高がやや高いんでしょうか...

そんなに暑くもなく涼しい環境のなか、コンサート特有の熱気と合わせてちょうど良い温度だったと思います。

いやぁ...
楽しめました...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(4) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

武井壮さんの税金に関するつぶやき...

いまや芸能人としての成功者といってもよい武井壮さんが税金についてつぶやいていますね...



39歳まで公共インフラにさんざんお世話になってきたのだから、収入に余裕ができた今はちゃんと払うよって...

いやぁ、同感しますし、偉いな、とも思います。

私は、酷税には反対ですが、適切な額の税金はやはり必要だと思いますね〜...

だから、武井さんの見解に共感します...

確かに、税金の無駄遣いや、政治家や官僚の政策の悪さもときにはあったりしますが、それはまた別の議論にすべきではないでしょうか...

社会のために最低限負担しなければならない”責任”ってあると思うんですよ。

そして、その責任を果たすためには、金(カネ)か労力の提供(=ボランティア活動等)かのどちらかになるわけです。

で、どちらが楽かというと、楽なのは前者のはずです...

そう考えると、カネさえ出して、それで社会的責任を果たしたことになるシステムというのは、捨てたもんじゃない...

また、その適正額を自発的に出すのは、良き一般市民としての意識の醸成にもなるはずです。

武井さんのツイートの内容が、それを表わしているように思います。

問題なのは、私たちが出したお金が、途中で変てこなことになるってこと。

日本が、オランダのような、市民が権利意識と適切な政治的権利を行使するような市民社会になるのはいつのことなのか...

先は長いですなぁ...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(4) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村