2015年05月07日

ゆうちょ銀行のセミナーに参加して(前編)

ゴールデンウィーク前の4月25日に、ゆうちょ銀行開催の投資セミナーに参加してきました。

私はゆうちょ銀行に口座を開設しておりまして、投資信託をいくつか買っているんです。

それでセミナーの案内がしばらく前から何回か来ていまして、今回の参加が3回目です。

今日は、そのときのレポートを簡潔にお伝えしたいと思います。

まず、講師は、大和投資信託から来られた方でした。

最初にお茶と茶菓子(おかきなど)が出て、それから1時間ほどの講義...

講義が終わった後は、コーヒーとケーキが出ました。

また、質疑応答の時間がもうけられ、私もいくつか質問させてもらいました。

以上、ここまで、すべて無料です。
これだけでもお得な気分になれました。

もちろん、普段は聞けないような有益な情報もいくつかゲットできました。

なかでも一番有益な情報は、ヘッジファンドの年間スケジュールでした...

すでに御存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、製造業に勤務する単なるいちサラリーマンの私には、詳しい話しは初めてで、有益だったのです。

その内容を紹介したいと思います。


まず、彼らの年間決算日は12月20日であり、その日から45日前(11月5日)に決算を確定させておかなければならないそうです。

従って、10月から11月にかけてヘッジファンドのマネジャーたちは、利益確定の売りに出てくるとのこと。

つまり、その時期に株式相場やら、その他商品先物やFXの彼らに有利なポジションなどが清算されるのだそうです...

清算されるということは、相場が下がりやすくなるということ...

だから、逆に、買いたい人にとっては、そこが絶好の買い場だそうです。

また、年間決算ほど厳しくはないが、ヘッジファンドには中間決算日もあります。

6月20日がその中間決算の日であり、その45日前が5月5日...

なので、早い場合は、4月20日ごろから彼らは売りに入るそうです。

その証拠に、4月下旬はドル円の為替相場が一時的に118円台にふれているでしょう?、と講師の方はおっしゃっておりました。(その後、120円近くに戻りましたね...)

こうしてみると当たっているのかな、と思いました。

実はこの情報を信じたこともあり、5月5日の記事に書いたインデックス投信と個別株の売りを行ったわけなのです...

ヘッジファンドの年間スケジュールというものに精通していなかった私にとって、この日のセミナーは大変有益なものでした。

そして、有益な情報はもうひとつありました...


長くなったので、続きはまた明日に...





P.S.
「Sell in May(5月は売れ)」って、こういうことだったんだなぁ...
ヘッジファンドの方たちが中間決算に向けて大量の売り注文を出されるんだ、ってことだったんですね...




posted by スイス鉄道のように at 08:01| 東京 ☁| Comment(3) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村