2015年05月31日

私の投資生活における年間スケジュール

ネットを見ていると、いろんな方がいろんな自分の投資哲学を発信しておられます。

そして、投資だけでなく、節約生活や、会社勤めの方は給与とボーナスの受取りも含め、
1年単位でデータを整理して、検証し、
1年間でどうなった、ああなった、と報告をされておられます...

しかし、この「1年間」という期間はクセモノです...

まあ、給料・ボーナスと税金については、「1年間」をフラットかつフルに考えていいと思うのですが、こと、投資を行うにあたっては、そういう考え方はいただけません...

市場や政治経済の動きとしては、「1年間」のあいだに、”強弱”がございます。

各種指数の発表や中央銀行の声明といった特別なイベントがあったり、
「Sell in May」などの売り買いが片寄る時期があったりするわけです。

だから、「1年間」というものを、ただ単に、アクセントをつけずに一本調子で過ごすのは、市場や世の中に対して受け身というか、翻弄(ほんろう)されるがままになってしまうような感じがします。

もっと、市場動向やビッグ・プレイヤーの動きに左右されない、しっかりとした1年間のスケジューリングを各個人投資家は考え、実行すべきじゃないかと思うんです...


ちなみに、私の最近の考え方としては、次のように考えています。

1月〜5月が、投資の勝負の”前半戦”...
6月〜10月が、おなじく”後半戦”...

つまり、1月〜10月の10ヶ月間で、大きな勝負は終わりにする...

11月,12月は、基本的に勝負をせず、
1年間の終息をはかるべく、まとめに入りつつ、あわせて来年の計画を立てるべき期間、と位置づける...

というのは、まず第一に、12/5はヘッジファンドの決算日です。(5月7日,8日の記事参照)

その45日前に彼らは決算報告のメドを立てないといけない...

よって、11月相場は荒れる可能性が高くなります。

だから、個人投資家はその大渦に巻き込まれないよう、この時期は、大きな勝負は避けつつ、慎重に立ちまわった方が良い...

また、12月で1年が終わるわけですが、確定申告でうまく損益通算するためには、
11月,12月で大勝負を展開しながら、並行して確定申告の作戦を立てるのは、いろいろと難しい...

特に会社勤めのサラリーマンは、12月は仕事が忙しく、投資にばかり時間をさけない...

そんなこんなで、11月,12月については、
・損益通算の最終結果を想定しつつ、うまくまとめる時期であり、
・ふるさと納税のし忘れをチェックする時期でもあり、
・来年に上昇するであろう株や投信について検討し、仕込みをする時期であり、
・FXのポジションを整理し、来年に変に持ち越さず、正月を気分よく過ごせるよう準備する時期である...


私は、以上のように年間スケジュールというものを考えて、投資生活を送るようにしております...





posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村