2015年08月22日

日本株上昇を匂わす情報×2

おととい(8/20)の記事に書いたように、確定給付年金の確定拠出年金移換分を全額、日本株のインデックスファンドにぶち込みました。

約定日は8/25です...

木曜,金曜と連続で日経平均が大きく下げてしまって、2万円台を大幅に割り込んでしまいました。

来週どうなるでしょうか...
興味しんしんです...

もっと下げてくれればいいとは思うものの、あまりにもヒドい下げだと心配になりますからね...

もちろん、どこかで下げ止まるとはみていますよ...

さて、今後日本株が上がると思われる情報を、さらに2つ、ここで書いておきたいと思います。


1.生保の動き

以下は、日経ビジネス誌6月1日号に掲載されていた記事の引用です。

『生命保険各社が日本株買いに動き出す。低金利が長びく中、契約者に約束した1%程度の運用利回りを確保するためだ』

『「クジラに引っ付くコバンザメ」。東京・兜町の証券街では生保の運用方針にこんな揶揄が広がる。』

『クジラは140兆円規模(2014年末)の公的年金を動かす積立金管理運用独立行政法人(GPIF)。コバンザメはGPIFと似たような投資行動を取る生保だ』

『GPIFは12%だった日本株配分比率を25%にする方針。生保の運用資産のうち株式は6%。これが1ポイント高まると3兆円増え、株式相場への影響は大きい』

『(生保)主要9社は2015年度、日経平均株価が2万1000円〜2万3000円程度まで上昇すると想定する』

要するに、生命保険主要各社の日本株配分比率は、まだまだ上昇の余地があるわけです。

なんてったって、まだ6%程度ですからね...

そして、各社とも日本株が上がるとみている...
だから、基本的には、”買い”に入ってくるはずです...

これは、”朗報”です。

ただ、ひと言申し添えておくと、生保各社は、『ROE』を、”買う/買わない”の判断指標にしているそうです。


2.財務省の国債発行の先行

8/19の朝のニュース『日経モーニングプラス』で報道されていましたが、財務省の今年度の国債発行規模がはやくも30兆円に達したとのことです。

日経新聞にも記事が出ているようです。
↓↓↓
http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS19H59_Z10C15A8MM8000/

要するに、財務省の国債発行のペースが例年よりも早いということのようです。

つまり、市場に流れていく国債の量が、今年は例年よりも早いペースで増加しているわけです。

これは、来たるべき金融緩和(日銀の量的緩和)の前触れかもしれません...

ETFにしろ、国債にしろ、何か対価が無ければ日銀はお札を市場に流せないからです。

ETFを買って現金をばらまく...
国債を買って現金をばらまく...
などなど...

国債が大量に出回っている状態だと、国債を買って現金を市場にばらまくという、いわゆる「買いオペ」が容易に可能となります。

今年の年末にかけての時期は、金融緩和がやりやすい状況になっているのではないかと...

これもまた、”朗報”です...


以上の2点の情報により、日本株については、少なくとも今年いっぱいは私のスタンスは「強気」です。





P.S.
投資は、あくまでも自己責任でお願いします。



posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

コスパの良い牛すじカレー

上野駅・不忍口前から歩いてすぐの所にある、”東京牛丼・牛の力”でカレーを食べてきました。

注文したのは、”牛すじカレー”の並盛り、¥620円です...

suji_kari.jpg

見ての通り、国産牛すじ100%ですので安心です...
また、カレーという料理は徹底的に煮込んであるものなので、食中毒の心配もなし。
食欲の湧かない夏にもぴったり。
香辛料は漢方薬と同じ成分なので体にも良い。
また、牛すじはコラーゲンが主成分なので、お肌や筋・関節まわりのケアにも効果あり。
いいことづくめです...

店内は木目調で統一されておりまして、落ち着いた感じです...

本来は店名の通り、牛丼のお店です。

でも、牛すじカレー¥620円のコスパの良さに感銘するんですよねぇ...

国産の素材のみを使っているところ、そして、10時間煮込むことの経費を考えると、「安い」って感じるんですよねぇ...

この辺りはアメ横も近く、安いお店の激戦区であり、すぐそば(20m程度)には以下のカレー専門店さんがあったりします。

400kari.jpg

やっぱり、競争原理が働くところでは、消費者有利の買い手市場になるんでしょうか...

自由市場資本主義社会の良いところ(恩恵)は、まさにこういったところですよねぇ...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

日本株にかける...

昨日の記事に書いた、確定給付年金→確定拠出年金への移行分の買付け先ですが、日本株で勝負することにしました。

ただし、リスクを避けるため、また信託報酬の安さを考えて、日本株のインデックス・ファンドを選択しました。(要するに、今のままの設定です)

参考にした情報は、次の3つ...

1.8/18の朝のモーニングサテライトプラスで、日銀金融緩和の確率が年末にかけてかなり高いという報道がされていたこと。

2.8/19の朝のモーニングサテライトプラスで、9月末くらいまで冴えない動きをした後、年末には、日経平均は22,000円を目指すと報道されていたこと。

3.昨日の日経平均が大きく下げたこと。(=絶好の買い場かな)

1と2については、テレビ・ニュースの報道内容を鵜呑みしたわけではなく、”考察”するための参考情報にしただけです...

金融緩和はやはりあるだろうな、と私は考えます。

なぜならば、今や公的年金(GPIF)の主な運用先をリスク資産にした以上、将来の社会不安を避けるために、政策的な見地から、日本株を下げるわけにはいかないのかな、と思うからです...

そのためには、金融緩和はやはり必要です...

また、積み上がる日本国債のことを考えると、デフレに陥らせるにはいかないな、と政府及び日銀は判断するはず...

そして、8/17に発表された4-6月のGDP速報値は、わずかではありますがマイナスでした...

この結果を受けて、金融緩和を行う方向で検討に入るのではないでしょうか...

さらには、人民元安による中国製品の仕入れコストの低下と原油安もデフレ圧力となっております。

なんとしてもデフレに陥らせてはならないと考えているはずなので、それを避けるための金融緩和はありえます。

さらにさらに、秋にはゆうちょ上場というビッグ・イベントがあります...

もし何もせずに無策だと、ゆうちょ株に資金が吸い上げられて、市場からマネーが足りなくなります。

そんなことになると、全般的に株が売られてしまい、日経平均が下がってしまいます。

そういう事態になるのはマズイので、避けようとするはず...

だから、金融緩和でマネーを供給せざるを得ない...

最後のダメ押しで、アメリカの利上げ効果...

小さいかもしれませんが、これにより、円安〜日本株上昇の流れがあるはずです...

以上の諸理由から、私は、日本株は上がる、つまり、日本株のインデックスは近い将来上がると見ます...

ですので、確定拠出年金の一括振替分を日本株で勝負!、することにします...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(4) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村