2015年08月20日

日本株にかける...

昨日の記事に書いた、確定給付年金→確定拠出年金への移行分の買付け先ですが、日本株で勝負することにしました。

ただし、リスクを避けるため、また信託報酬の安さを考えて、日本株のインデックス・ファンドを選択しました。(要するに、今のままの設定です)

参考にした情報は、次の3つ...

1.8/18の朝のモーニングサテライトプラスで、日銀金融緩和の確率が年末にかけてかなり高いという報道がされていたこと。

2.8/19の朝のモーニングサテライトプラスで、9月末くらいまで冴えない動きをした後、年末には、日経平均は22,000円を目指すと報道されていたこと。

3.昨日の日経平均が大きく下げたこと。(=絶好の買い場かな)

1と2については、テレビ・ニュースの報道内容を鵜呑みしたわけではなく、”考察”するための参考情報にしただけです...

金融緩和はやはりあるだろうな、と私は考えます。

なぜならば、今や公的年金(GPIF)の主な運用先をリスク資産にした以上、将来の社会不安を避けるために、政策的な見地から、日本株を下げるわけにはいかないのかな、と思うからです...

そのためには、金融緩和はやはり必要です...

また、積み上がる日本国債のことを考えると、デフレに陥らせるにはいかないな、と政府及び日銀は判断するはず...

そして、8/17に発表された4-6月のGDP速報値は、わずかではありますがマイナスでした...

この結果を受けて、金融緩和を行う方向で検討に入るのではないでしょうか...

さらには、人民元安による中国製品の仕入れコストの低下と原油安もデフレ圧力となっております。

なんとしてもデフレに陥らせてはならないと考えているはずなので、それを避けるための金融緩和はありえます。

さらにさらに、秋にはゆうちょ上場というビッグ・イベントがあります...

もし何もせずに無策だと、ゆうちょ株に資金が吸い上げられて、市場からマネーが足りなくなります。

そんなことになると、全般的に株が売られてしまい、日経平均が下がってしまいます。

そういう事態になるのはマズイので、避けようとするはず...

だから、金融緩和でマネーを供給せざるを得ない...

最後のダメ押しで、アメリカの利上げ効果...

小さいかもしれませんが、これにより、円安〜日本株上昇の流れがあるはずです...

以上の諸理由から、私は、日本株は上がる、つまり、日本株のインデックスは近い将来上がると見ます...

ですので、確定拠出年金の一括振替分を日本株で勝負!、することにします...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(4) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村