2015年11月03日

Fund of the Year 2015の投票に参加

昨晩、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に、投信ブロガーとして投票しました。

私がこのブログを開設したのは今年のゴールデンウイークでしたので、今年が初参加となります。
(認められれば...ですけど)

ルール的には、投票したファンドはさらさなくてもよいとのことでしたが、さらしてはいけないとも書いていなかったので、記しておきたいと思います。

SMT・JPX400に2点
DIAM世界リートインデックスに2点
野村好配当日本に1点
としました。

ポリシー的には、以下となります。
1.投資は株式投資が王道である。
  そして、我々は日本人投資家なので、消費生活上、為替リスクを回避すべきだろう。
  だから、日本株投資が基本となる。

2.日本株のなかでも高ROEを示す企業に投資するのが望ましい。
  なぜなら、高ROEイコール、企業価値の向上スピードが速い、ため。
  (企業価値の向上スピードが速い → 株価も早く上がりやすい 
    → ファンドの基準価格も上がりやすい)
  SMT・JPX400は、購入手数料ゼロで、信託報酬も安い。

3.日本株の持つリスクは2つ。
  為替リスクと市場変動リスク(日本の株式市場の変動リスク)である。
  この2つを一挙に回避するために、世界を対象にしたリートのファンドへの投資が好ましい。
  DIAM世界リートは、ゆうちょ銀行のキャッシュバックの仕組みも使える。
  (ただし、この仕組み自体は評価の対象外でしょうが...)

4.狩猟民族の欧米人とは違い、日本人は保守的な民族である。
  なので、企業の経営者も保守的な安全志向の人が多い。
  だから、日本企業は内部留保が蓄積されやすい。(実際にそうなっている)
  それを狙った高配当株のファンドを組み入れるのも面白い。
  野村好配当日本は、購入手数料ゼロで、信託報酬もそんなに高くはない。

5.以上のことは、自分で実際にやってみて判断すべきである。
  (3つとも、自己保有のファンドです)


おおよそ、こんな感じです...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(2) | 投資哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村