2015年11月20日

昨日の相場状況および日銀の声明について

日銀の追加金融緩和はありませんでした。
これは予想通りでしたね...

私は毎朝、テレビで、『モーサテ』,『日経モーニングプラス』を見ているのですが、識者へのアンケート結果でも、「今月」はないとの回答になっていました。

あるとすれば、来年1月という意見が多かったですね...

この1月というのは確かにありえるかな、と思います。

というのは、12月にアメリカの利上げの可能性が高い...

そうすると円安になり、日本株は多少は上昇するはず...

これは、日本経済にとっては朗報となるわけです...

実際、昨日の黒田日銀総裁のコメントの中にも「アメリカの利上げは好ましい」とありました。

そして、その効果が途切れるタイミングを見計らって日銀が追加金融緩和をすれば、二段ロケットみたいな効果が出て、株価はよりいっそう押し上げられる...

ひょっとしたら、日銀もそれを狙っている...

だとすれば、日経平均は来年1月末から3月にかけて、22,000円をうかがう水準まで行くのではないかということもありえます。

昨日の日経平均も、2万円に近いところまで迫っていました...
(大事なのは終値ではなく、途中の値動きだと思っております)

アメリカ利上げも、日銀追加金融緩和も実施されていないのに、この水準...

まだまだ日本株は来るのかな、と感じています...





P.S.
投資はあくまでも自己責任でお願いします...


posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村