2015年11月30日

”1億総活躍社会”への感想

しばらく前に安部総理から、”1億総活躍社会”というビジョンが発表されました。

これに対する、私の個人的感想を書きたいと思います。

私は、”1億総活躍社会”には賛成です。

なぜなら、少子高齢化により生産年齢人口が減っていき、移民政策についても昔から変わらずに移民を受け入れない方針の我が国にとって、高齢者も何らかの形で国民総生産に寄与することは必要だと考えるからです。

とはいうものの、高齢者が若者・壮年者並みに働くことについては、No!です。

気力・体力が衰えているのに加えて、そんな社会(=リタイアできない社会)になると「夢」がないじゃありませんか...

だから、高齢者の貢献形態については、高齢者でも持続可能で、なおかつ、やっていて楽しい形での付加価値活動を行うことを希望したいと思います。

”労働”ではなく、”付加価値活動”です。

”付加価値活動”とは、”価値”を生み出す活動のことです。

価値とは、商品価値でも、貨幣価値でも、何でもいい...

それから、マスターカードのCM(「お金で買えない価値がある」)や、マクドナルドのスマイル(=笑顔の価値)ではないですが、「プライスレスなバリュー(価値)」を生み出す活動でもいい...

何らかの方法で、”社会の公益”を増進するような働きをすればいいのでは?、と考えます。

先週の記事で書いたように、人生の転身を予定している私ですが、
私自身、将来的には、今の会社を退職後も、”価値を創造する”活動を行っていきたいと思います...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(4) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村