2015年12月27日

Softbank携帯への乗り換えの評価...

9月9日の記事に書きました通り、ドコモ→ソフトバンク携帯へ乗り換えております。

9月のシルバーウィークにチェンジしました。

キャッシュバックは1万円で、11月に無事振り込まれました。

ここまでの収支計算を行っておきたいと思います。


[携帯電話乗り換え時・初期状況]
キャッシュバック:+1万円
2015年10月請求額:−8,985円
2015年11月請求額:−662円
2015年12月請求額:−692円
2016年1月請求予定額:−662円
ドコモ携帯売却額:+900円
差し引き合計額:−101円 ≒ ±0円


ごちゃごちゃと余計な機能を付けられたため、10月だけは額がふくらんでおります。

それがなくなった11月以降は¥600円台で推移できそうです。

そうすると、10,11,12月の3ヶ月間ぶんの請求額+来年1月ぶんの請求予定額と、{キャッシュバック額+旧携帯売却額}がほぼ同等...

よって、乗り換えることによって、ほぼ4ヶ月ぶんの使用料が浮いた計算になります。

携帯本体自体が最新のものになって、ヘタっていたバッテリーは生まれ変わったし、使い勝手も良くなりました。

ソフトバンク株の株主優待も有効活用しております。
(1ヶ月当たり、¥934円の割引き)

ドコモ時代には月平均¥1,000円前後で推移していたのが、¥600〜¥700円程度で済んでおります。

なんたって、カケホーダイですからね...

結論を言えば、乗り換えは成功でしたね...

それに、政府が携帯の乗り換え時の本体0円を廃止するよう画策しているみたいなので、そんなことが行われる前に実行できて良かったとも思っています。

めでたし、めでたしです...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村