2016年02月26日

フェルメールとレンブラント展

昨日は有給休暇を取りました。

そして、六本木ヒルズにある「森アーツセンターギャラリー」で、”フェルメールとレンブラント展”を見てきました。

ホームページはこちら。
↓↓↓
http://www.tbs.co.jp/vermeer2016/
http://www.roppongihills.com/events/2016/01/macg_vermeer_rembrant/

朝10時からなのでその直前に行くつもりでしたが、少し寝坊して、10:15頃に現地に着きました。

すると、すでに70〜80人ほどの行列がたまっておりました。

「しまった!」と思いきや、「前売券と招待券の方はこちらに...」という案内役のお姉さんのガイダンスで、別のレーンへ導かれ、スッと入れました。

やっぱり、前売券さまさまですね...

展示物の内容は、ここ最近行った他の2つの展覧会(『ダヴィンチ展』(1/22の記事),『ボッチチェリ展』(2/13の記事))と比べて、最も良かったです。

ダヴィンチ展は絵の展覧会というより、ダヴィンチのデッサンや建築や発明品の設計図が多かったですし、ボッチチェリ展はルネサンス臭が強すぎたうえに、彫刻や教会の装飾品なども混じってましたから...

今回は、純粋に絵画だけの展覧会でした。

しかも、”17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展”というサブタイトルが付いておりまして、オランダが世界を制覇した時代...

つまりオランダの高度経済成長時代の繁栄と力強さも、展示されている絵から感じられました。

このブログのポリシーに書いておりますように、
「経済的な強者のはざまで、力の無い弱者がうまく立ち回ってリッチになる」
というビジネス・スタイルを私は賞賛致します。

無敵艦隊を擁し、インカやアステカ帝国を征服した16世紀のスペインや、
七つの海を支配した18-19世紀の大英帝国のはざまにあって、
小国ながら経済的な富者となったオランダの歴史が、私の投資道の参考値のひとつであります。

そんな古き良き自信にあふれたオランダ人の肖像画、港などの風景画などが多く展示されていました。

そこには、豊かさと同時に、簡素さ、合理性、実直で堅実、などの要素が感じられます。

近代資本主義と投資の仕組み(株式会社、株式市場)は17世紀のオランダに始まったわけですが、そのミソとなる発想は、「最も利益率の良いところに投資する」です。

ムダなことをしないのはもちろん、利益率の低い仕事も避けるということですね...

そのことが表われているようでした...

・・・

さて、ついでに六本木ヒルズの様子をレポートしたいと思います。

まずは、外国人がよく目につきました。

ただし、最近日本に来る観光客の中で主力になっているアジア系の方ではなく、アメリカ人と思われる白人系の方ですね。

ビジネスマンもいれば、スタバでたむろする家族連れの方もおられました。

そして、展覧会では、若い女性が多かったです...
さすがは六本木ですね。

それも、2人や3人から成るグループだけでなく、1人だけの女性が結構多かったです。

1人であってもどうしても来たくなるほど魅力的な展覧会だということですね。

むろん全体的には、中高年の夫婦か、中高年の女性グループが一番多かったですが...

最後に写真を2つばかり...

hills.jpg

gekai.jpg

52階から見下ろす下界の様子はいいですなぁ...

「今ごろ、みんなあくせく働いてるんだろうなぁ...」な〜んて、思っておりました...

それにしても、エレベーターは速すぎです!
3階のチケット売り場から52階の展覧会場まで、わずか1分強で昇りました。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

隠れ家レストランでランチ(その2)

2/11で紹介した大崎駅近くの隠れ家レストランの「楽」さん...

またまた行ってきました。

今回食したのは、”カジキマグロのグリル”...

raku2_2.jpg

raku2_1.jpg


いやあ、おいしかったです...

シェフの腕がいいんでしょうか。
¥800円の割りにはコストパフォーマンスが高いと思います。

お得だと思いますね...

移動途中に寄ったので、午後1時半くらいに入店しました。

やはり、お昼どきをはずすと、すいていますね...

昼はラストオーダーが午後2時までです。
2時半くらいまではランチタイムとして店に居続けられるとのこと。

今回はいい時間帯に行けました...

コスパと雰囲気と味の良さから、
今後もちょくちょく行ってしまいそうです...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

確定申告をしてきました

昨日、会社を半有休(午後だけの有給休暇)を取って、確定申告をしてきました。

私が例年行くのは浅草税務署です...

やるべきことは早く済ませるのが私の生活上のモット―で、いつも早め(=申告開始日から1週以内)に済ませているんです...

しかし今年はこのブログですでに書いている通り、旅行で不在にしていたこともあって普段より遅くなりました。

さて、申告手続きも申告の内容もいつもやっているのでもう手慣れたものです...

サラリーマンなので、保険や年金の控除は会社がやってくれるので、会社がくれる源泉徴収票を持っていけば、あとは、株式の損益通算に、株式の配当金控除に、ふるさと納税の申告にと、追加していくだけ...

到着した時刻は午後2時15分ほど前...

そして、待ち時間は10分程度、
処理時間は30分程度、でした。

署内の様子は、ほとんど中高年でした。
まあ、平日なので当たり前ですかね...

行列は、申告内容別にA,B,Cの3列に分かれて並ぶようになっていて、昨年よりも改善されておりました。

私はA列で、前に2人いただけ。
でもちょっと待ちました...

まずは第一段階として、申告書類をざっと見てもらって、第二段階の入力処理をスムーズに運ぶための受付書類を作ってもらいます。

その後、第二段階として、コンピューターの端末に向かって入力作業をしていくという手順。

皆さんのところもほぼ同じですよね...

いずれも職員(非常勤職員含む)が親切ていねいにガイダンスしてくれます。

第一段階も第二段階も、私の場合は若いお姉さんでした。

1人めは頭の良さそうな人で、美人度は中の上かな。

2人は優しそうな人で、かなりの美人!(非常勤の腕章をしていました)

いずれも、ラッキ〜〜!!って感じです...

こんな感じだと、待った時間のイライラも、入力作業のつまらなさも、共に吹き飛びますよね...

おっとっと...

大事な大事な還付金額ですが、昨年分の株式の譲渡損失が52万円ほどあったので、かなり戻ってきます。

¥116,495円でした!

ちなみに昨年の譲渡損は、毎月分配型投資信託を売却した損失が「主」でした。

軍配とグロソブで損失をあえて計上しました。
ただし、トータルリターンではいずれもプラスになっております。

預貯金がほとんど金利がつかない現在、毎月分配型投資信託でトータルリターンのプラスを確保しつつ損失をわざと出して税金還付を受けようというテクニックを使ったものです...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(5) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村