2016年02月03日

は〜るばる来たぜ足摺岬へ!

昨日は四国旅行の2日目...

一昨日のお宿の高知ロイヤルホテルを暗いうちに出発し、土佐くろしお鉄道の始発の次の列車に乗りました。

なおホテルは私の勤務先が法人会員になっているのでお得に宿泊できました。

1泊素泊まりで¥5,496円でした...
このクラスのホテルなら、安い方だと思います。

さて平日ということで、列車は高校生中心にかなり埋まっていました。
この前の晩も学生中心に結構乗っておりました。

私は過去に客がまばらな地方のローカル線をたくさん見てきました...
しかし、この鉄道は地方鉄道ですが経営は善戦しているようです。

終点の高知駅で特急に乗り換えて中村駅へと向かいます...

中村駅に10時すぎに到着...
ここから路線バスに乗って、足摺岬へと向かいます。

これまでに日本全国各地の岬めぐりをたくさんして来たので、この旅行の計画を立てた時から楽しみにしていました。

”良い岬”というものは、絶壁,絶景,水平線,灯台,特徴ある植生...

そして、祠(ほこら)ないし神社仏閣があって、風情のある茶店や、ちょっとした観光施設に食堂があったりするんですよね...

期待にたがわず、足摺岬は、そのすべてが揃ってましたね...

天気も良くて、青い海原,南の植生,白い雲...

絵のような、あるいは名曲の歌詞のような風景でした...

しかも植生的に、ちょっと日本離れしている感じでした...

いい気分転換になりました!...

ashizuri1.jpg

ashizuri2.jpg


帰路は、観光スポットと駅・ホテルの往復だとつまらないので、地方都市の視察を兼ねて、土佐清水市の中心街で途中下車しました。

清水ライフパルというショッピングセンターが市の中核になっているようです。
でも、わずか2階建てです。

その他の商店街のお店はほとんどシャッター街...
やはり地方都市って、経済状況は厳しいものですな...

ライフパルも、お客は高齢者ばかりでした。
まあ、平日の昼間なので学生や勤め人がいないのはある程度理解できますが、赤ちゃんを連れた婦人方は皆無でしたね...
少子高齢化は深刻なようです...

商品の品揃えの方は、やはり魚と野菜は地の物が安いですね。
大きな天然もののヒラメが、¥1,100円ちょいでした。
東京だったらいくらするんだろう、というほどの出物でした...

この後バスで宿毛市へ出て、鉄道で宿のある中村へと戻りました。

宿毛駅周辺はだだっ広いロータリーがあり、比較的新しめの家電量販店,モスバーガー,レンタルショップのGEO,サークルKなどがありましたが、客はまばらです...

中村駅のひとつ手前の駅と中村駅の間には、列車から見た限り、宿毛駅周辺で見たような新しめの大型店舗が目につきました。

でも、客はそんなに入ってないだろうな...

・・・

観光と地方経済の実態調査を行うことができ、有意義な2日目でした...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村