2016年02月07日

個人向け国債10年もの募集停止!

マイナス金利が日銀によって宣言され、はや約1週間ちょい...

その影響としては、さっそく、日本国債(個人向け)10年ものの募集が停止されましたね。

テレビや新聞諸紙,各種ネットニュースなどで既に報道されている通りです...

理由は金利がマイナスになる恐れがあるからとか...

日本国債もこれからしばらくの間、買いにくくなりますね...

預貯金もインフレによって実質目減りしてゆきますから、今まで安全資産とされた国債・預貯金が危うくなってきているわけです。

日銀がインフレ(目標2%)を断固実現する決意をした以上、金庫を買ってタンス預金をしても無意味。
なぜなら、購買力がこれまでの98%(年率で)になってゆく、ということですからね...

こうなってくると、株式や不動産に投資していくしかないと思われます。

とはいえ、株式は物色が大事です。
東芝やシャープといった日本を代表する企業の経営が傾いているくらいですからね...

わたし個人的には、不動産をおススメしたいです。

”不動産”という実物資産によって、「価値」を保全するわけです...

具体的には、リートの大型ものか、リートのインデックス・ファンド、あるいは自分でマンション等の家を購入するか...

住居用にしろ、商業用にしろ、「使用価値」がありますから、そのぶん、インフレに連れて価値も上がっていくはずです。

”金(Gold)”は住めませんし、食べられません...
また、先週書いたように(1/31の記事)、先物市場で売り浴びせられていると思います。
だから、中小型株と同じくらいリスクがあるように思えます...

やはり、不動産が一番リスクが小さいのでは???...

ともあれ、今が大きな転機だということは間違いないと思います。
預貯金を多めに保有している個人投資家の皆さんは、今こそ真剣に将来を考えるタイミングにさしかかっているわけです。

特に、家を持ってない方は、家を買うのか否か...

決断するなら今年でしょう...

今年が、ある意味、”人生の岐路”だと思いますよ...





P.S.
投資はあくまでも自己責任でお願いします。


posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村