2016年02月16日

薩摩富士の雄大さと長崎鼻,そして池田湖...

昨日は、九州旅行の第1日目...

まず、羽田発6:25のANA便で福岡空港へ向かい、地下鉄で博多駅へ出た後、「HAPPY BIRTHDAY KYUSHU PASS」を購入しました。

JR九州の列車が3日間乗り放題で、たった¥20,570円というすぐれものです。

グリーン車も追加料金なしで乗れます。

なので、生まれて初めての九州新幹線の、それもグリーン車で鹿児島中央駅へ!

いやあ、気分がいいですなぁ...

ローカル線に乗り換え、さらに路線バスで、まずは、”長崎鼻”に到着です...

ここは、かつて南紀と並んで、昭和の時代、新婚旅行のメッカだったらしいです。

バス停から100m程度のみやげ物屋の並ぶ通りを抜けると、九州南端の岬が真っ白な灯台と共に現われます...

toudai.jpg

そして右手を見れば、薩摩富士と呼ばれる「開聞岳」の雄姿が...

satsuma_fuji.jpg

2月の平日だからか、人もまばら...

カップルが2組ほどと、岩場に釣り人が3人程度しかおりませんでした。

天候はあまりよくはなかったですが、大自然をからだ全体で感じました。

爽快な気分を味わえました...


戻る際には、先に見つけておいたみやげ物屋さんで安納芋の焼き芋(¥210)を買い、歩きながら食べます。

こういう気ままな買い食いが旅の醍醐味のひとつでもあります...

その後、フラワーパークと、そして再び路線バスで、途中、薩摩国一之宮の枚聞神社を経由して、池田湖へと足を運びました。

ikedako2.jpg

ikedako.jpg

この湖は、火山がはるか昔に大爆発した後、大陥没して水がたまったものだとか...

湖面の標高は+63mですが、何と深さは約230mあるらしいですね。

ということは、海抜マイナス160mくらいのスゴイ深さなんです。

これだけ深いと生物も珍しいものが生息していて、ドライブインでは人間の身長ほどの大ウナギが展示されていました。

でも、大ウナギどころではないらしいですね...

昭和53年に、”イッシー”さわぎというものがあったみたいです。

かの有名なネッシーのように、恐竜らしきものが目撃されたのだとか...

その1回だけだそうですが、でも、深さ約230m,最深部海抜マイナス約160mというなら、ありえるかもと思いますよね...


帰路は、15:55発の路線バスで開聞駅へ、そしてローカル線と新幹線で熊本へ行き、宿に到着...

予定通りに回れた1日目でした...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村