2016年02月18日

特急ゆふいんの森号と日田観光など

昨日は、九州旅行の第3日目...

前日の宿は、”別府湾ロイヤルホテル”でした。

温泉大浴場で朝バイキング...
広い部屋(2人用の部屋をあてがわれました)...
大満足でした。

しかし、ここでも中国人観光客の勢いがものすごかったです。
風呂場に朝食会場に、中国語ばかり聞こえてきます。

そんな中、日本人の高齢者夫婦と朝食の席で相席に...

楽しく歓談いたしました。

たっぷり食べた後、駅に出て、まずは各駅停車で大分駅へ行きました。

列車の待ち時間までの小一時間ほどのあいだに、駅の周辺をお散歩...

大分城址を見学しました...

ooita_jyou.jpg

次にローカル線で由布院駅へ。

ここで、特急ゆふいんの森2号に乗り換えます。

ローカル線の特急ですが、”リゾート特急”として有名ですよね...

しかしここでも、中国人客のオンパレードでした。
駅前のお土産屋さんに、駅の待合室に、特急の車内に...

特急列車は日本人含めて満員でした...

空いた席は見当たりませんでしたし、車内にはビュッフェがあり、ワゴン販売もしているのですが、出発して5分ほどで、「お弁当は売り切れました...」のアナウンスが...

まさに、”爆買い”ですね...

さて、私は博多までは行かず、日田駅で降ります。

ここは江戸時代、幕府の領地(天領)だったところで、九州の金融・商業の中心地だったそうです。

その心意気(=ビジネスセンス)が残っているからか、私が今まで旅行で訪れてきた地方都市とは違って、明るさと元気さを町の雰囲気に感じました。

地方都市である以上、経済的には苦しいはずなのに、不思議なことに何となく活気があったんですよね...

駅前には、高層マンションすら建設中でした...

徒歩で旧市街へ行き、資料館や保存されている旧家をいくつか見物しました。

江戸時代風のいい雰囲気の街並みで、観光客も平日なのにかなりおりました。

hita.jpg

日本人と中国人が半々くらいでしょうかね...
(日本人観光客も結構いた感じです...)

一番印象に残ったのは、「薫長酒蔵資料館」でしょうか。

shuzou_kan.jpg

日本酒の試飲が出来るのですが、清酒とにごり酒とを飲んだところ、どちらもおいしいのですが、にごり酒が超ウマイ!

買って帰ろうかどうか悩みましたが、ビンですし、重くなるので、泣く泣く断念です...

あとで、ネット通販で探してみようと思います。

・・・

日田を出発した後は、久留米まで出ました。

駅直結の観光案内所に入ると、お姉さんがすぐに近寄ってきて、熱心に周辺の観光スポットを教えてくれました。

2ヶ所散策しました...

まずは、”水天宮”...

suitenguu.jpg

東京にある水天宮の、ここが本家だそうです。

次は、梅林寺...

梅が満開です。

bairin.jpg

キレイですねぇ...

久留米を九州新幹線で発つと、新鳥栖で特急かもめに乗り換えです。

ここで、「HAPPY BIRTHDAY KYUSHUU PASS」の特権を活かして、”デラックス・グリーン車”のチケットを取ってみました。

こういう機会でないと取れませんからね...

中は、こんな感じ...

dx_green.jpg

グリーン車の、さらに前列が仕切られていて、特別待遇になっています。

いい気分です...

佐賀駅で唐津線に乗り換え、宿のある唐津市へとたどりついたのは、日も暮れた夜の8時頃でした。

この日も一日、無事に旅が出来たことに感謝です...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村