2016年02月24日

確定申告をしてきました

昨日、会社を半有休(午後だけの有給休暇)を取って、確定申告をしてきました。

私が例年行くのは浅草税務署です...

やるべきことは早く済ませるのが私の生活上のモット―で、いつも早め(=申告開始日から1週以内)に済ませているんです...

しかし今年はこのブログですでに書いている通り、旅行で不在にしていたこともあって普段より遅くなりました。

さて、申告手続きも申告の内容もいつもやっているのでもう手慣れたものです...

サラリーマンなので、保険や年金の控除は会社がやってくれるので、会社がくれる源泉徴収票を持っていけば、あとは、株式の損益通算に、株式の配当金控除に、ふるさと納税の申告にと、追加していくだけ...

到着した時刻は午後2時15分ほど前...

そして、待ち時間は10分程度、
処理時間は30分程度、でした。

署内の様子は、ほとんど中高年でした。
まあ、平日なので当たり前ですかね...

行列は、申告内容別にA,B,Cの3列に分かれて並ぶようになっていて、昨年よりも改善されておりました。

私はA列で、前に2人いただけ。
でもちょっと待ちました...

まずは第一段階として、申告書類をざっと見てもらって、第二段階の入力処理をスムーズに運ぶための受付書類を作ってもらいます。

その後、第二段階として、コンピューターの端末に向かって入力作業をしていくという手順。

皆さんのところもほぼ同じですよね...

いずれも職員(非常勤職員含む)が親切ていねいにガイダンスしてくれます。

第一段階も第二段階も、私の場合は若いお姉さんでした。

1人めは頭の良さそうな人で、美人度は中の上かな。

2人は優しそうな人で、かなりの美人!(非常勤の腕章をしていました)

いずれも、ラッキ〜〜!!って感じです...

こんな感じだと、待った時間のイライラも、入力作業のつまらなさも、共に吹き飛びますよね...

おっとっと...

大事な大事な還付金額ですが、昨年分の株式の譲渡損失が52万円ほどあったので、かなり戻ってきます。

¥116,495円でした!

ちなみに昨年の譲渡損は、毎月分配型投資信託を売却した損失が「主」でした。

軍配とグロソブで損失をあえて計上しました。
ただし、トータルリターンではいずれもプラスになっております。

預貯金がほとんど金利がつかない現在、毎月分配型投資信託でトータルリターンのプラスを確保しつつ損失をわざと出して税金還付を受けようというテクニックを使ったものです...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(5) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村