2016年03月07日

定形外郵便って、コスパ高いよなぁ...

少し前のことなんですが、大阪の実家へ郵便物を送らなきゃならないことになって、”郵便”を利用しました。

しかも、”定形外”の郵便物です...

「A4判対応・角形2号」という大きさの茶封筒を1ヶ、送りました。

料金はなんと¥140円...

我々が普段なにげに利用してる郵便ですが、これって、すごく安くないですか?
東京→大阪間の物体の輸送が、これっぽっちの値段で出来るんですよ?

ネット社会の今、”情報”や”データ”だけならば、ほぼ無料に近い費用でメールやLINE等で送れるわけです。

しかし、”物体”を輸送するには、ネットなどは役に立ちません...

人が持ち運ぶしか無いわけです...

そして東京→大阪間を自分の手で持ち運ぼうとすると、新幹線なら約1万2千円,深夜バスでも¥4,000〜¥8,000はかかるわけです。

でも郵便は、たったの¥140円...

定型郵便物ならもっと安いけど、定形外でもそんなに値段は上がらず、この程度で済むんです...

定形外って、要するに、”規格外”ということですよね?

規格外の物体を送るのに、たった¥140円...

世の中の一般常識からすれば、信じられないコストパフォーマンスだと思います。

・・・

しかも速達でなくても、翌日に届くみたいです。

今は、郵便局のホームページ上で、”お届け日数”の検索ができるんです。
↓↓↓
http://www.post.japanpost.jp/deli_days/index.html

私が出した東京駅前の中央郵便局から大阪市の某区までを検索すると、「翌日」と出ました。

これって、すごく早くないですか?...

自分の手で持ち運ぼうとすると、行って帰ってこなきゃならないから、丸一日から二日かかります...

それを考えると、やっぱり早い...

というより、手間いらずです。
出した後は放っておけばいいですからね...

この切手と郵便という仕組みを考えた人は天才やな...

”郵便”という仕組みのスゴさになにげに気づいたわたくしでした...

そして、こういう気づきが大事なんだとも思いました...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村