2016年03月18日

大島旅行記(2.三原山など1日目...)

前回からの続きの記事となります...

岡田港からバスに乗りこんだ私が目指した先は、”大島温泉ホテル”でした。

ここに事前に「朝風呂+朝食バイキングセット(¥2,000)」を予約しておいたためです...

朝6:00からやっている温泉にさっそく入湯です。

内風呂が一つと、露天風呂が一つありました...
ゆったりと1時間ばかり入りました。

私が入ってる最中に入ってきたのは7〜8人でしょうか...
おそらくは、宿泊客だと思います...

露天風呂からは三原山の雄大な景色が見渡せます(以下)。

oo_onsen.jpg


風呂を出た後は、朝食バイキングです。

このあとの登山に備えて、時間をかけてたっぷりと食事を摂りました。

私が食事中には、10人強のおそらく宿泊客でしょうか、食堂に出たり入ったりしておりました。

メニューは、和洋両方...
納豆,味噌汁,あじのひらきと南蛮漬け,きんぴら,しらすおろし,フランクフルトなどの定番メニューの他、あしたばの青汁,大島牛乳,あしたばの葉入りサラダなどがありました。

大島はあしたばが名産みたいです...
もうひとつの名産、唐辛子醤油も味わえました。

食べ終わった後、いよいよ三原山へ登ります。

ホテルの横から”裏砂漠ルート”という道を通って、1時間ばかりの道のりです。

その名の通り、日本とは思えない荒涼とした風景が広がります。

urasabaku.jpg


ただ、後でこの日の宿の方に聞いたところ、このような日本離れした風景は、”裏砂漠”,”表砂漠”,”月の砂漠”と3つあるらしいですが、一番すごいのは”月の砂漠”だとか...

残念ながら、そこは遠くて行けませんでした...
(皆さんの中で行かれる方はぜひ行ってみるとよいかと思います)

さて、火口です。

kakou.jpg


周辺はところどころに湯気が立っておりました。

日本が火山列島であることを改めて実感します...

この後、しばらく歩いてバス停まで行き、バスで元町港まで行きました。

ここは大島の中心部...

観光案内所があり、宿泊割引券(¥3,000)をもらいます。


次に、バスで大島公園へと向かいます。

ここには、無料の椿資料館と椿園があるんです。

ちょうど満開でした...

子供連れの方や若い女性もたくさんいました。

ここは三原山と並んで、大島観光の目玉みたいです...

tsubaki.jpg


再びバスに乗り、今度は”郷土資料館”へ。

大島の歴史や地質などが展示されていました。

客は私一人だったので、館長さん自らが懇切丁寧に(親切すぎるほどに(笑))説明してくれました。

得たウンチクとしては、椿の花は桜などと違って数カ月間に渡って咲くそうですね。

これは、他の花が一般的に虫が花粉を運ぶのとは違い、椿は鳥が花粉を運ぶ(鳥媒花と言う)んだそうだからです。

虫ほど数もおらず虫よりも活動期間が長い鳥に合わせて開花時期も長いというわけ。

勉強になりました...


またまたバスで元町港へと戻ります。

この時点で、夕方4時半すぎでした。

みずほ銀行もあるメインストリート周辺をしばらく散策...

そして、おそらくは島いちばんのスーパーに入ります...

oo_super.jpg


客はほとんどお年寄りで、一部に主婦とみられる方がちらほら...

全体的に価格は高めです...
コーラやペットボトルのお茶が本土より2割強高いですかね。
やはり輸送費がかかるからでしょうか。

なお、スーパーの外は人はほとんど歩いておりませんし、飲食店もほとんどありません...

メインストリートがこのさびれ方では...

離島の経済は大変厳しいですね...

仕方がないので、少し早めですが宿に行きました...







posted by スイス鉄道のように at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村