2016年03月23日

上がる可能性の高い買い材料とは?...

個別株投資ですが、先週から昨日にかけて私の興味を引いたのは、自社株買い銘柄です...

例えば、3月14日引け後に自社株買いを発表した六甲バターは、翌日(3/15)にドーンと上がりました。

出来高も普段の3倍くらいありました。

3月18日引け後に同じく自社株買いを発表したGMOクラウドは、翌取引日である昨日(3/22)、ストップ高でした。

いずれも発行済み株式数の3%超えの買いを実行する訳だから、その前に上がって当たり前です。

よく個別株投資は難しいと言いますが、初心者はこういう材料(ネタ)から入ってもいいですね...

なんてったって、「発表した」ってことは、必ず買うってことですから...

だって、買わないと詐欺になっちゃうでしょ?

そして近い将来に買いが必ず入るということは、上がる可能性がきわめて高いということです。

なので、早く仕込めば、後で高値で売り抜けることが出来て、利益確定がかなりの高確率でできるということです。

自社株買い発表銘柄は、上がる前に仕込めば、損する可能性が通常よりも低いと思いますよ...


さて、私も、先週、新規銘柄を仕込みました...

その銘柄とは、”マネースクウェアHD(8728)”です...

3月11日(金)の引け後に「自社株買い」を発表しております。
↓↓↓
http://www.m2hd.co.jp/press_release/
http://jp.reuters.com/article/idJPL3N16M00O
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1717970
https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/109323


期間は来月4月からの1年間...

合計20万株を4億円を上限にして買います! と宣言しました...

もっとも発行済み株式数の1%台ですから、GMOクラウドほどは上がらないかもしれません。

でも、配当利回りが3%台あります。

だから配当取りで買ってもいいわけです。

また、高利回りということで、それが株価の下支え要因になると見ることもできます。
(だから、当面は大きく下がらないだろう、と見ています...)

さらには、昨年秋(10月)には高値¥1,800円台をつけていますから、それに対しての「戻り」も今後あるのでは?、と思っています...

そして最後に、業種が市場環境に左右されないこと。

つまり、FXのサービスを提供しているそこそこ大手の会社なので、円高になろうがなるまいが業績悪化をもたらさないだろう...

また、景気動向指数の発表等で、世の中の景気が悪化しているというニュースが流れても、この会社の業績にはあんまし関係ないだろう...

以上の考えから購入を決めました。


[購入データ]
購入日:3月15日
購入株数:200株
購入単価:¥1,180円
購入価額:¥236,293円(購入手数料含む)


『出口戦略』としては、テキトーに上がったところ、もしくは...
上がった後、相場全体が大きく下落しそうな雰囲気を感じたらスグ!(ヤバそうな感じの時)、に売ります...

要するに、”早めに勝負を決める”ってわけです。

日本株や新興国株は、長期になればなるほどリスクが高まる...
これが長年の投資経験から得た私のノウハうです...






P.S.
投資はあくまでも自己責任でお願いします。
上記の記事はあくまでも私の個人的考えであり、何も保証は致しません...




posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | 投資技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村