2016年04月24日

漫画『銀と金』を読んで...

ネットの中古書店・ネットオフさんで、漫画『銀と金』(双葉文庫版、全八巻)を買って読みました。

作者の福本信行さんは、ギャンブルの修羅場を描く物語が得意です。

この作家さんの作品を初めて読んだのは『カイジ』シリーズでした。

ただしその前に街の書店で、『カイジ「命より重い! 」お金の話』という本を手にしたときから福本作品との縁は始まっています。

それが、2013年だったかな...

カイジ「命より重い! 」お金の話 -
カイジ「命より重い! 」お金の話 -

この本は、漫画『カイジ』シリーズからお金に関する教訓を拾いだし、現代社会における金融リテラシーを一般人に説こうというものです。

これがきっかけでカイジ・シリーズを知り、そしてハマりました...

でも、ちょっとエグイんですよね...
物語の中とはいえ、命や人生を賭けて勝負しますからね...

さて、今回読んだ『銀と金』はカイジシリーズよりも前に書かれた作品です。

内容は、まだ、カイジシリーズほどエスカレートしていない感じ...

でも、それでも、相手が悪党とはいえ、億単位の金を奪って追い詰めたり、命を張った駆け引きをするなど、漫画とはいえ唾を飲みこむような展開がしばしばありました。

なので、読後には、ホッと感や、疲労感を感じました...

でもすごいです...
読者にそんな思いを抱かせるなんて...


さて、そんな『銀と金』から、名言をいくつか引用したいと思います...

我々が、投資だけでなく、大きな消費を(買い物を)する際にも参考になるのではないでしょうか...

あらゆる欲の中でもっとも強烈なのがこの「守り」失いたくないという欲…… みなそれで深みにはまる
(画商との5億を賭けた勝負の中での主人公・森田のセリフ)


教えたる、正しさとはつごうや……
ある者たちの都合にすぎへん……!
正しさをふりかざす奴は……
それはただおどれの都合を声高に主張してるだけや
(川田という株の仕手師のセリフ)


この世はしょせん搾り取る者と絞られる者の二種類しかいない
誰かの時間と労力を不当に絞り上げずしてどうして金持ちが存在できる…?
(「誠京」の会長の、総額500億を賭けた麻雀勝負中でのセリフ)


この利ってのがギャンブルの場でたいてい足を引っ張るんだな
まるで力になってくれない
少なくとも運という名の刃を研ぐことにつながらない
(「誠京」の会長との勝負前における、副主人公・銀王のセリフ)


エグイですねぇ...

でもこの作品は、こんな連中が命がけで斬った張ったをする世界を描いています...

好みは分かれるとは思いますが、魅かれる方もいるのではないかと思います...

読んでいない方で興味をひかれた方はどうぞ...





銀と金 文庫全8巻 完結セット (双葉文庫―名作シリーズ) -
銀と金 文庫全8巻 完結セット (双葉文庫―名作シリーズ) -






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☔| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

品川駅構内の朝のバイキングっ!

品川駅構内にある「バルマルシェ・コダマ」さん...
↓↓↓
http://www.kodama-ltd.co.jp/barmarche

ここでは、朝8時から格安のバイキングをやっておられます。

おとといの木曜の朝に、久々にお邪魔してきました。
2年ぶりくらいかな...

なんと、そのお値段は消費税込みでたったの¥620円!!
破格値です...

前に行った際には、朝6時半頃着くと長蛇の列で、7時過ぎに整理券を配るくらい混んでいました。

その経験があったため、この日は朝6時15分頃に現地に到着。

でも、誰もまだ並んでいなくて、私が列の先頭になりました(笑)。

整理券もなし...
なので、8時までの約1時間半くらい立ちっぱなしでした...
(読む本を持っていって良かったぜ...)

もう、一時期のブームは去ったみたいですね...
ということは、今は結構、空いていておススメだということです...


さて、SuiCaで支払いを済ませると、さっそくカウンター席に案内されます。

ちなみに遅く行くと屋外にあるテラス席になります。
この季節だと、まだちょっと寒いですね...
屋内席で良かったです...

お料理は、レタスのサラダ(ドレッシング2種類),スイートコーン,ピラフ,黒パン,ミートローフ様のもの,ゆで卵,ソーセージ,ラザニア,マカロニサラダ,そしてこのお店の本業である生ハムです...

飲み物は、キャベツと人参のコンソメスープ,コーヒー,紅茶,オレンジジュースでした。

1人に取り皿が1つ渡されますので、それを使います。

制限時間は1時間となっています。

そりゃそうでしょうね...
ずっと長時間ねばられたら、次のお客さんは入れないわ、赤字になるわで、商売あがったりでしょうから...

私は、この日は結局、合計4回取りに行きました...

kodama1.jpg

kodama2.jpg

kodama3.jpg

kodama4.jpg


飲み物のほうは、コンソメスープ2杯,オレンジジュース3杯,紅茶1杯,コーヒー2杯をいただきました。

朝からお腹いっぱいです...

でもこれって、お店のほうは赤字だろうなぁ...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

退職者向け定期預金を作りました

おとといの水曜日の朝、私のかつての勤務先からの給与振込に使っていた口座に”退職金”が振り込まれました...

その額、¥12,449,000です...

なお、これは以前このブログで書いたように、早期に退職したことによる割り増し分のみの額です。(これとは別に、本来の退職金が確定拠出型年金としてあります)

ちなみに、会社からあらかじめ振込日の連絡と源泉徴収票はもらっておりました。

そこでネットでまずは確認し、その後さっそく朝一番に銀行へ行って、”退職者向け定期預金”を作りました。

銀行は横浜銀行で、その日本橋支店へ開店時刻の9時に行って処理してきました。

用意したものは、通帳,印鑑,源泉徴収票,身分証明書(免許証),会社からもらった退職証明書です。(もっとも、最後の退職証明書は、源泉徴収票があるため不要でした)


さて、はまぎんこと横浜銀行では、退職者向けに3つのコースがあります。
↓↓↓
http://www.boy.co.jp/kojin/tameru/retire/index.html

が、証券会社で既にリスク性資産を運用している私にとっては、当然「基本コース」を選択です。

要するに、預金のみを預けるというコースですね...

もうこれ以上のリスクを今は取るつもりはないし、投信を併せて買うコースだと手数料とか高いですからね...

というわけで、3ヶ月ものの定期預金を作ることにしました。

3ヶ月ものとはいえ、何と! 年利換算で1.5%!! です。

今どき、日本でこれほどの高金利は世の中じゅう探してもないと思います。

心配なのは、預金額が一千万円を超えていること...
ペイオフが効かない金額なのです...

まあ、これだけ金融緩和されている状況では、いかに地方銀行とはいえ破綻などありえないと思います...

3ヶ月後が楽しみです...

満期後はまた別の金融機関へ預けかえて、再度、退職者向け定期預金を作るつもりです。

たいていの金融機関は、退職後1年以内なら特別金利などの退職者向けプログラムを受け付けてくれるようですから...

要するに、退職者向け優遇金利のハシゴですね...

これを出来うる限りやるつもりです...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村