2016年04月21日

回し寿司「活」に行きました...

目黒駅に直結しているアトレビルに入っている回転寿司屋さんが「活・美登利」さんです。

チェーン店のようで、この目黒店以外にも数店展開しているようです。
↓↓↓
http://katumidori.co.jp/

きっかけは、”待ち行列”でした。

ここ半年ほどの間、ちょくちょく目黒駅で下車することがあったんですが、トイレを借りようとしてアトレ・ビルの1階に入ると、お店の前にいつも行列が出来ておりました...

それでいつか行ってやろうと思ってたんですよねぇ...

でも並ぶのは嫌だったので、平日の昼前に行こうと決めておりました。

行ったのは、おとといの火曜の開店時刻(11時)直後の11時10分です...

甘かったです...

店の前の行列はさすがにありませんでしたが、店内にある5mほどのソファに5〜6人ほど、すでに人が待っておりました。

それでも5分ほどの待ち時間でカウンター席へと案内していただけました。

待ってる人のうち3人はグループ客で、テーブル席を待っていたからです。

ラッキー...


さて、注文したものですが、お魚が、あぶりトロいわし(¥130),大名さば(¥200),まぐろづくし(¥300),?忘れた(¥130)。

一品ものが、長芋とリンゴのサラダ(¥160),鯛と大根の煮物(¥250)。

どれもおいしかったですが、私の記憶に残ったのは”鯛と大根の煮物”でした。

この中に入ってた大根がすごかったんだよなぁ...

まっ茶色で、味がとても滲みていて...
「こんな大根は、普通じゃあちょっと食べられないよ」的な大根でした。

写真はお店のホームページからメニューのところを見てくださいね。
カウンター席はとても狭く、またせわしないので写真はとれませんでしたので...

お会計は、しめて税込みで¥1,263円でした。
(SuiCa払いでした)

ランチ的には高めですが、不満はありません...
それ相応の価値があると思いましたね...


全般的なこのお店の感想としては、メニュー豊富でネタも新鮮でおいしいです。

回転台に載っていないメニューは紙に書いて注文を出します。
そして、結構何でもすぐ出てきますよ。

ネット情報を見ても人気が高いようですね。

おススメです...

特に地方の方で東京に来られた方...

まあ築地に行きたいとか特別の理由が無いのなら、”寿司”を食べたい場合はここがいいですよ!







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

デニーズの最安朝食を試してみる...

少し前からデニーズでは、”モーニングサービス”というものが始まっています。

指定のドリンクを頼めば、トーストとゆで卵がサービスで付いてくるというもの。
↓↓↓
http://www.dennys.jp/menu/morning-and-teatime-service/

なんと、¥235円です...

朝の限られた時間帯限定(6時〜10時)ですが、とてもお得だと思いました。

なので、行って試してみました。

行ったのは、秋葉原駅から徒歩1分のところにある秋葉原中央口店です。

平日の朝9時すぎ頃でしたが、通常の会社だと仕事が始まっている時間なので空いておりました。

オプションが頼めるので、+103円で国産野菜のミニサラダを注文しました。

以下の写真がその全貌です...

dennys.jpg

これで、しめて税込¥338円です...

コーヒーはおかわり自由なので2杯目をもらいましたし、写真にも写っています通り、”次回ドリンクセット無料券”もいただきました。

やっぱ、すごい「安い!」なって思いました。

ああ、でも、日本経済のデフレ傾向は続きそうだなぁ...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』が面白い!

4月12日の記事で”パブ・シャーロックホームズ”のことを書きましたが、このお店に置いてあった本で、『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』というものがありました...

何となく面白そうな気がしたので、図書館で借りて読みました。

ホームズのパロディもので、高殿円さんという日本人の女性作家が書いた本です。

予想通り、とっても楽しく読めました。

現代を舞台にしております...
以下、物語の冒頭の引用です...

「アフガニスタンでは多くの傷兵の命を救いました」
と、私は目の前に居並ぶ聖バーソロミュー病院の人事部長以下三名に向かって言った。その日はたしか二〇一二年八月七日で、むろんのことロンドンはどこもかしこもオリンピック一色である。ここにいる三人も私の面接さえなかったらテレビの前に釘付けになっていただろう……、そんなことを思いながら居心地の悪いパイプ椅子に座っていた。


物語の話し手は、ごぞんじワトソン博士...
でも、時は2012年、ロンドン・オリンピックの年なんですね。

ただし、アフガニスタン帰りというのは原作と同じ...

ビン・ラディンとアル・カイーダ掃討のためにアフガニスタンにアメリカが軍隊を出した際に、同盟国のイギリスも共同出兵していたからです。

時空を超えて同じ設定が成り立つのは不思議です...

さて、ワトソンは女性という設定です...

それどころか、ホームズもレストレードも、ホームズの姉(!)も、それからホームズのライバルのモリアーティもみんな女性なんです...

さらに、もともと女性だった家政婦のハドソンさんんは、”電脳家政婦”という設定でした。

2人の下宿であるベーカー街221bには、ハドソンさんの代わりにその夫のミスター・ハドソンが喫茶店を経営していて、店の名前も「赤毛組合」というからシャーロッキアンには楽しい設定です...

以下、引用です...

「私はスチュワート・ハドソンと申します。ちなみにここの店は『赤毛組合』といいまして」
「はあ」
「赤毛の方はもれなくコーヒーが半額になります」


カフェの店名のごとくつやのある赤毛が印象的なミスター・ハドソンは元々シャーリーの実家の使用人で、ウィルトシャーにあるという広大な邸宅に夫婦で住み込みで働いていた。それが不幸な事故によって夫人が他界すると、気力をなくして執事の職を辞してしまった。
亡くなった夫人の人格をできるだけ忠実に再現しプログラムされたのが、この221b専用AIである『ミセス・ハドソン』なのである。



タイトルの中の『緋色の憂鬱』も、原作の『緋色の研究』のもじりなのはわかります。

こうした楽しい設定だけでなく、推理小説としてのストーリー立てもしっかりしてますし、ホームズがとても個性的なのも魅力になっています。

作者の文章も、わかりやすくて、ときどき笑えて、先が待ち遠しくて、読者をぐいぐい引っ張っていってくれます...

そして、最後に大ドンデン返しが...

ホームズのからだのある秘密と、宿敵モリアーティとの関係が明らかになるんです...

それは...

ネタばれになるので書きませんが、次作をとても読みたいと思いつつ、名残惜しさと共に爽快な読後感を感じました...

イギリスやロンドンの描写も魅力的です。
実際、作者は、この作品を書くためにロンドンに行ったそうですから、リアリティがあるんですね...

おススメです。






シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱 -
シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱 -




posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村