2016年04月03日

『Mr.ホームズ名探偵最後の事件』を見て...

4月1日(金)は映画の割引デー。

通常¥1,800円のところが、なんと¥1,100円で鑑賞できます。

当然、参りましたとも...

日比谷シャンテに『Mr.ホームズ名探偵最後の事件』を見に行きました。

18:40から始まる最後の回でした。

割引デ―であるうえに週末金曜日の夜ということで、社会人中心にほぼ満員でした。


内容ですが、題名の通り、シャーロックホームズ物のパスティーシュです。

作品のホームページはこちら...
↓↓↓
http://gaga.ne.jp/holmes/

舞台は、イングランドの田舎であるサセックス地方...

ここにシャーロックホームズはリタイアメントしていて、養蜂を趣味的に行ないつつ回想録なんかを書いているようです。

周りの景色がとても美しい...

冒頭では、ロンドンからの汽車が田舎の小ぎれいな駅に到着するシーンあり...

また、ホームズと少年が海水浴をするシーンなんてのもあります...

いやあ、うらやましいですね...

でも、ちょっと不便かな...

さて、老齢のホームズは、体が思うように動かなくなりつつある中、ハウスキーパーの女性とその子供との3人で住んでおり、彼らとのあいだで物語が進むに連れて不思議な友情が芽生えてゆきます...

そう...

これはミステリーというよりは、リタイアメント生活を送るホームズとその周りの人間模様を描いたお話しなのです。

ネタばれになるのでこれ以上は詳しくは書きませんが、”人情もの”って感じかな...

ミステリーだと思って見に行くと期待はずれかもしれませんが、愛と友情など人間関係を美しく描いた物語として見るなら、ほっこりしますよ...


ああ、そうそう...

日本がホームズの回想シーンの中に出てくるんですが、中国っぽく描かれてました。

変なの...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村