2016年04月05日

勝沼ぶどう郷、訪問記...

おとといの日曜日のことですが、青春18きっぷの5回目を使って、山梨県の勝沼へ日帰りの小旅行へ出かけてきました。

まずは勝沼ぶどう郷駅...
桜が満開でした...

katunuma.jpg

とても美しい...

まずは出だしから心が洗われる気分です。
この観光地は、最初の第一印象で勝ってますね。

次に徒歩で、旧田中銀行博物館へ行きました。

tanakabank.jpg

ここは明治時代に勝沼の町を支えた金融機関だったそうです。明治の建築です。

それから、”勝沼朝市”へ...

katu_asa.jpg

この朝市は有志が始めたもので、月に1回開催される草の根的な市です。

ホームページまであります。
↓↓↓
http://katsunumaasaichi.com/

すももジャム(¥350)を試食してから買いました。

それから桃のジュース(¥200)を飲みました。

1杯当たり、桃が6〜7個は入っているとか...
確かに濃厚でした...

それから、甲州ワイン発祥の施設といわれる「宮光園」へ...

miyakou.jpg

入場料金は¥200円でした。リーズナブルですね...

中で上映されている明治の古い映像フィルム(約13分)が印象的でした。

東京へのワイン樽の運搬と目白での瓶詰のシーンや皇族方のご訪問のシーンが白黒のビデオ映像で見ることができます。

タイムトリップした気分にひたれます...

この後、”メルシャンの展示館”,”ぶどうの国文化館”と戦国時代の”勝沼氏館跡”を経て、大善寺へ。

ここの本堂は国宝で、中にはぶどうを手に持った薬師如来像があります。

taizen.jpg

甲州ブドウは既に平安時代に山梨県に存在したとのこと。
シルクロードを伝わって日本にまでやってきていたのだとか...
明治以降だと思ってましたが、在来種は古いんですねぇ...

最後に、”大日影トンネル遊歩道”に行きました。

oohikage.jpg

明治時代に最初に鉄道(中央線)が開通した時のトンネルで、新トンネルが1997年に出来た後は遊歩道になっています。

一部は個人向けに貸し出し可能なワインカーヴにもなっていて、テレビでも取り上げられたこともあるので御存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

徒歩で1.4kmもあるんですが、意外に大勢の人が中を歩いていましたね。

中国の方もいらっしゃいました(言葉でわかりました)...

トンネルを出ると、そこは当然ながら駅でございます。
はるばると戻ってきたわけです...

こうして、勝沼観光をじゅうぶんに満喫いたしました。

東京から各駅停車で約2時間...
意外とすぐに行ける、身近で優れモノの観光スポットです。
皆さんもいかが?...








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村