2016年05月01日

五反田はカレー激戦区というけれど...

五反田はカレー激戦区だというので、試しにどこか行ってみようと思い立ち、行って参りました...

しかし、五反田のカレー店に一度も行ったことのない私としては、ネット情報が頼り...

いろいろと情報を漁ったあげく、「maya」って店に行ってきました...
↓↓↓
http://www.maya-nepali.net/lunch.html

なんとなくだけど、一番良さげそうな店のうちのひとつだったので...

注文したのは、”ランチセットA(¥800)”です。

maya.jpg

写真には映っていませんが、この他にミニサラダがあります。
(カレーが来る前に食べちゃったんですよねぇ...)

なお、ドリンクは選択制で、私が選んだオレンジジュースの他に、コーヒー,紅茶,ウーロン茶などがありました。

カレーも選択制で8種類から選べます。
(私が選んだのは、「日替わりカレー」でした)


さて、評価ですが、このレベルとほぼそっくりのメニューが御徒町近辺では¥700円ですね...

つまり、¥100円高いです...

なので、最安値だという評価はできませんから、コスパ的にはセカンド・ベストって感じでしょうか。

でもまあ、カレーはいろいろとスパイスを使うし、長く煮込むから燃料費もかさむわけで、安くはできない種類の料理だとは思います...

ちゃんといちから作ればですけどね...

カレーが難しいのは、レトルトの家庭用・業務用カレーが世の中に広く普及しているために、いちから手作りするカレーがどうしても高くなってしまうこと(別の言い方をすれば、高く見えてしまうこと)だと思います。

レトルトカレーは、工業的に大量生産し,大量販売して流通ルートに流せるから、価格勝負だとかなわないんですよねぇ... たぶん...

そのへんを理解するとすれば、まずまず健闘している部類だとは思いました...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村