2016年05月10日

サーティワン・アイスクリームの分析...

昨日はアイスの日でしたね...

なんと、私の行きつけの図書館の貸し出し窓口のところにも「今日はアイスの日」という立札が出てまして、『なぜこの日がアイスの日になったのか?』などといったウンチクがその上に書かれていました。

図書館は知識の殿堂ということで、ただ単に豆知識を掲示しただけでしょうが、こんなところにもと思いました。


ところで、サーティワン・アイスクリームでの100円セールがこの日に開催されることは、ネットなど各種のニュース・ソース上で広範囲に流布していますよね...

もちろん、私も逃さずに行ってきました。

行ったのは、上野マルイ店です...

各店舗によって開催時刻は違いますが、このお店では15時からとなっていることを事前にネット上で確認...

そこで、15時5分前に行きました...

甘かったです...

すでに60〜70人くらいの行列が出来ておりました。

でもお店の対応が良いからか、10分ほどの待ち時間で自分の番が来ました...

列の最後尾に並ぶ際に店員さんがメニューが載ったチラシを渡してくれて、「ご注文を考えておいてください」と言ってくれたのも親切な対応でした。

でも1人1人にチラシを配るなんて、絶対に赤字になりますね...

さて、「サーティワン」という名の通り、客は、31種類のアイスの中から選べます。
↓↓↓
https://www.31ice.co.jp/contents/product/flavor/index.html

私が選んだのは、”ナッツトゥユー”です。

なぜか???

それは、これが最も原価率(=材料費)が高そうだなとふんだからです...

なんといっても、5種類のナッツが散りばめられています。

そして、アーモンドチョコは通常のチョコよりかなり高いし、素炒りのアーモンドやピスタチオなど、結構しますよね...

だからナッツ類って高価なんじゃないかな...

つまり、一律100円なわけだから、材料費の一番高価なこれが一番お得なのかなって考えたわけです。

いかがでしょうかねぇ???...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村