2016年05月24日

SBIホールディングスの会社説明会

昨日はSBIホールディングスの会社説明会に出てきました。

株主様限定で、午後1時から2時間の予定で開催されました。

場所は、ホテル・ニューオータニでした。

平日の日中だからか、ほぼ高齢者ばかりでしたね...

会場の入り口で、おみやげとウェルカム・ドリンクが渡されました。

ドリンクは、オレンジジュース,ウーロン茶,コーヒーの中から1杯を選択...

おみやげの中身は、書籍1冊,健康サプリの試供品2回ぶん,各種の宣伝パンフでした。

交通費ぶんの元は取れそうにありません...

書籍は古本屋さんにいくらで売れるだろうかな...


さて内容ですが、2時間たっぷりと、CEO自らがえんえんとプレゼンテーションを行われました...

いやあ、よく話せますね...
疲れないのかなぁ...

CEOは、おそらく話をするのが好きなんでしょうね。

事業計画では、金融関連事業,アセットマネジメント関連事業,バイオ関連事業が3本柱で、バイオは今は赤字だが、5年後や10年後を見て欲しいとのこと。

事業計画以外では、自社株買いの結果報告と、ここ3年間増配を続けていることが説明されました。

プレゼン資料は詳しく作ってあって、海外子会社の成績などもわかりやすくなっていました。

しかし、さすがに1時間半経過した頃、しびれを切らした1人の方が「長いぞ。質問時間をとれよ」と発言...

すると厳しいことに、「退場!」を命じられました...

退場を拒むその人...

係の人が退場させようとしても、「からだに手を触れると警察を呼ぶよ」と反論...

なんとか静かにすること/させることでおさまりましたが、ふと気づきました。

会社法には、株主総会で議長は退場を命じることができるとあります(315条)が、物理的な力を行使することはできないんですね...

会社法や株主総会はあくまでも民事的問題であって、物理的な強制力まではない...

退場を渋る人を強制力で排除しようとすると、逆に会社側が刑事犯になっちゃう...

警察を呼んで、住居不法侵入罪でその人を突き出すしかない(たぶん)...

この事件というかエピソードにて、そういうことに気づきました。

ま、この会社説明会は株主総会とは違いますが、場所に権利があるのは会社側だから同じ理屈でしょう。

思わぬ勉強(社会勉強?)になりました...
(大げさな...)






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村