2016年05月28日

Bunkamura『国芳・国貞展』に行ってきました...

昨日は朝から渋谷へ行って、Bunkamuraの『俺たちの国芳、わたしの国貞』展に行ってきました。

開場は朝10時からなのですが、10時5分に行ったところ、すでに20人ほど入館済みでした。

入口付近は混雑していました...

雨が降っていたので空いているかなと思ったのですが、少し甘かったですね...

この展示会は3月から始まっていて、すでに5月9日に来館者10万人を突破したみたいです。
また、各種テレビ番組でも紹介されてきました。
↓↓↓
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_kuniyoshi/topics/

なかなか好評のようですね...


さて、私ですが、チケットは日テレの株主優待券を使いましたのでタダで入りました。(やったネ!)

展示内容については、浮世絵大好き人間の私としては、その浮世絵がたくさん、そして多種類飾ってあったのでまずそれだけで大満足です。

そして、印象に残ったものをいくつか言うと、まずは、芝居小屋の楽屋のにぎやかな風景...

江戸の賑わいを彷彿とさせる明るく華やかな作品でした。

うち一作が、ホームページ上に掲載されています。
↓↓↓
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_kuniyoshi/works.html

この中の「二幕目の三」というところにある一品です。


次に、女弁慶シリーズ...

”弁慶がすり”という着物を着ている女性群が描かれた一連のシリーズです。

若い女性のステキな姿というものは、時空を超えますね...
気分が華やぎます...

その他にも、魅力的な作品や、面白い構図の作品が目白押し...

浮世絵の素晴らしさを体感できます...

鮮やかで、彩り豊かで、かつ大胆な筆致...

ヨーロッパの画家たちがカルチャーショックを受けたのもわかるわけで、浮世絵は日本が誇る芸術のひとつです。

今でも決して色あせておりません...

そして今回の展示品はボストンの美術館から来ているので、普段はめったに見れないものなんです。

ぜひ行くべし!、ですよ...

6月4日までなので、行きたい方はお早めに...

東京まで来れない方は、以下の書籍はいかが?...

お江戸ポップカルチャー 国芳と国貞 (三才ムックvol.862) -
お江戸ポップカルチャー 国芳と国貞 (三才ムックvol.862) -






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村