2016年06月02日

センチュリー21ジャパン株を利益確定

月曜日の記事に書いた通りのようになり、日経平均は火曜日で五連騰となりました。

昨日はさすがに下げましたが、それでも17,000円を少し割り込んだ程度...
一時期と比べれば、ずいぶんマシなんじゃないかと思われます。

さて、「相場が好調なうちに」と思って、個別株の一部売却を決意し、月曜日中に実行しました。

この先すぐには力強く伸びていきそうにない銘柄をキャッシュ化しようというのが意図です。

また、マメに利益を確定することで、欲張らずに着々と資産を増やすクセをつけよう,勝ちクセをつけよう、という趣旨でもあります。

以下に、データを記します。
(購入日と売却日の日経平均も参考までに載せます)


[戦績データ]
購入日:2015年6月1日(日経平均は、¥20,569円)
購入単価:1,170円
購入株数:200株
購入総額:234,293円(買付手数料含む)
売却日:2016年5月30日(日経平均は、¥17,068円)
売却単価:1,317円×100株+1,319円×100株
売却手数料:293円
売却収入:257,435円
譲渡益:29,014円
税金:5,872円
純利益:23,142円
利益率:約10%


これ以外に配当金があります。
2016年3月期の中間配当(2015年9月分)が¥3,188円で、期末配当はまだこれからです。

配当金を加味して考えると、利益は約3万円...

保有期間は約1年間なので、年利回りで12%〜13%になるかな...

まあ、利率的にはこれでじゅうぶんですね...


次に売却理由ですが、”見切り売り”ということになります。

まずは、併記した日経平均を見てください...

購入時点から日経平均は約3,500円も下がってますが、この株は上がっています。

つまり逆風の中、上がってきているわけです...

しかし、日本経済がデフレ気味であること、日本経済の成長も思わしくないこと、この株は内需関連株であること。

以上の3点から、もうこれ以上の上昇は無理かなと考えました。

だから、いったん見切り売りでいいのかなと判断して売却したものです。

それから、私の売買の基本方針があります。

大儲けを狙わず、少しでも良い機会をとらえて着実に利益を積み重ねていくのが賢明な方法だと思っています。

「利食い千人力」...

「欲張る乞食はもらいが少ない」...

というわけですね...

以上のようなわけで、小さな成功ではありますが、投資に成功したわけですし、来たるべき円高への備えにもなりもしたので、まずまずの出来ばえというところです...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村