2016年06月21日

東京から見る景色...

昨日(20日)は舛添氏が最後の退庁をする映像がテレビのニュースで流れていました。

そして、今日、都知事の職を辞します...

先週から急展開を見せてきた本事件は次の段階に移り、7月31日の都知事選へと突入です。

争点は、政治家としての”人格”なのか、それとも政策なのか、政党なのか...
あるいは、タレント性などの知名度なのか...

いったい何を基準に都知事を選ぶべきか、よくわかりません...

18日に行われたAKB選抜総選挙のほうが、よっぽどわかりやすいです...

・・・

しかし都民の一人として、私は、選挙費用のほうが気になります。

任期満了になるほうが、よっぽど政治コストが安くて済みますものね。

そうです...
無駄なコスト(費用)こそが新都知事や政党同士の争いよりも重要です...

少子高齢化や国家財政は膨大な赤字か?とか、アベノミクス失敗か?、と言われるなかにあって、東京は人口も減っていませんし、経済も成長していますし、若者も全国から集まって来ていてそれなりに活気があるんです...

先週からのテレビ番組の次期都知事候補をめぐるニュースの中で、「東京はスウェーデン並みの予算」と言われておりました。

実際にはスウェーデンよりも1兆円ほど多いようです(約13兆円)...

他の地方自治体のように国から援助金も受け取っていません(国庫補助金や地方交付税)。

黒字財政です...

GDPで言うならメキシコやオランダ並みです...

また、19日の『噂の東京マガジン』の中では、東京オリンピックのための積立金が約4,200億円あると報道されていました。

こうして見ると、東京は非常に豊かだな、と感じます...

そんな東京に住んでいると、他の地域に住んでいる日本人とは違う景色が見えてきます。

日本は国債残高が膨大にあり、国の財政は破綻していて将来ヤバイのでは?
→ ノー...東京は関係ないですな...

日本経済は発展していない? マイナス成長で貧しくなっていくのでは?
→ ノー...東京は成長していまっせ...

などなど...

もし日本経済や日本の国家財政がどうにかなっても、東京だけ独立国家になればやっていけると考えます。

そう...

シンガポールのように、都市国家としてやっていけるはずです...

日本の経済,人口,財政などを考えるとネガティブな思いでどうしても考えがちになりますし、投資を考える際にも判断が悪い方向に左右されがちになります。

でも、”日本”では考えない...

日本に住んでいるんじゃなく東京に住んでいるんだという意識で、投資・消費など様々な行動をとっていきたいと改めて思いました...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村