2016年11月02日

11月の映画の日の昨日は...

昨日、11月1日は映画の割引デー...

日本橋TOHOシネマズに映画を見に行ってきました...

『ダヴィンチコード』の大ヒットでいまや世界的に有名な作家となったダン・ブラウン氏原作の最新映画版、『インフェルノ』です。

主人公は、おなじみのラングドン教授...

あらすじとしては、公式サイト(http://www.inferno-movie.jp/site/#!/)にあるように、
ウィルスをばらまいて世界人口を減らそうと企むマッド・サイエンティストの計画に、主人公ラングドン教授が謎解きをしつつ阻止しようとするもの...

ネタばれになってしまうので内容には深くは踏み込みませんが、二転三転あり、”悪”の側との追いつ追われつのシーンありで、ハラハラ・ドキドキの2時間半でした。

ひと言で言い表せば、”スリリングで、スピード感あふれる”っていうところでしょうか。

しかも、原作とはちょっと変えてあるという...
だから、原作を知ってる人でも新鮮な気分で楽しめてしまうという...

さすがですね...

才能のある作家の原作と才能のあるクリエイターの演出が組み合わさると、やはりいい作品が出来上がりますね...

そして、ストーリーや演出以上に感銘を受けたのが、映画の背景となる美しい街並みや美術館...

そう、舞台は地中海周辺の美しく歴史的な観光地...

フィレンツェ,ヴェネツィア,イスタンブールです...

とても美しく目の保養になりましたし、「いつか行ってみたいな」とも感じさせてくれます。

今まで旅行ガイドやテレビの紀行番組で見てきた良き感想をさらに増幅させてくれるような美しい映画でした...

これだけでも見る価値はあるなと思いました...

いやあ、やっぱり映画っていいですね...
(水野晴郎氏ふうに...)

・・・

最後に映画館の入りですが、私は18:50スタートの回に行ったのですが、18:35頃の受付ではまだ少し席が残っているようでした...

客はサラリーマンやOLさんがほとんどでしたね...

スクリーンは多いし、トイレは広くてキレイだし、都心にあって地下鉄の駅から直結で傘をささずに行けますし、客層も大人中心で落ち着いており、全体的にとてもいい雰囲気の映画館で、私の最近の行きつけです...






posted by スイス鉄道のように at 09:23| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村