2016年12月10日

ゆうちょ銀行のセミナーに行ってきました

お久しぶりです...

予想されたイタリアとオーストリアの政治的動乱の世界経済への影響はなく、日本株を含め、海外の株式市場も好調のようです...

円高にもならず、1ドル=115円台に達し、平穏な感じ...

わたしの当てがはずてしまいましたが、売らずに残っている株式や投資信託の基準価格は上がっており、ソンはしているわけではない...(機会損失はしていますが...)

キャッシュも600万円以上は手元にたまってますし、またここから出直しだと考えています...


さてそんな中、このブログでも何回か登場しているゆうちょ銀行の投資セミナーに本日行って参りました。

セミナーのテーマは、今後の世界情勢について。

今の時勢にピッタリな内容でした...

もっとも、講師の方(某アセットマネジメント会社の方)のお話しの内容はいたって普通...

リーマンショックからの歴史を振り返りながら、現今の世界経済や政治の見通しを語りつつ、
「長期で考えれば、ニュースに一喜一憂するのはナンセンス」
というものでした。

長期で投資をした場合のパフォーマンスのグラフを見せてレクチャーしておられましたね...

”ごもっとも”なんですが、それでは面白くないんだよなぁ...

相場変動をうまく予想して利益を出していくのが投資の醍醐味...

結局、最初に出たお茶とお菓子に、終わったあとのブラックコーヒーと焼きプリンを食することが出来たのが収穫だったかな(笑)...

ん?

そうか...

当面は、相場の調整局面を待ちつつ、個別株の物色じゃなく、おいしいものの物色をせよとの天からのお告げだったのかな?...







posted by スイス鉄道のように at 15:56| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村