2017年01月15日

『ギャラリーフェイク』第33巻を読んで...

『ギャラリーフェイク』という漫画をご存知でしょうか...

テレビアニメ化もされた細野不二彦氏の作品でして、元キュレーターで美術商の藤田氏を主人公とする美術マンガです。

1990年代にビッグコミックスピリッツに連載されてまして、その後、一時期連載休止しておりました。

それがいつの間にか再開し、最新単行本まで出ていたのを偶然ネットサーフィンしていて発見しました。

いやぁ、うれしかったですねぇ...

溜まっていた楽天ポイントと、楽天ブックスのクーポンとを使って、ゼロ円(タダ)で電子書籍にて読みました。

外へ買いに出かけずとも、また、ネット書店で紙の書籍を注文しそれが届くのを待たずともすぐに読める...

やっぱ、電子書籍は便利だし、オンデマンドですね...

ギャラリーフェイク(33)【電子書籍】[ 細野不二彦 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
ギャラリーフェイク(33)【電子書籍】[ 細野不二彦 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア


さて、この最新巻(33巻)では、サラちゃんや三田村館長といったなじみの脇役陣も出てきてまして、懐かしさと同時にかつてこの漫画に夢中になっていたときの気持ちの高揚感まで思い出しまして、読んでいるあいだとても幸せでした。

この漫画では美術品の取引、それも裏取引について、国際的な舞台のもと、物語が展開してゆきます...

しかし、”裏取引”というものは、ある意味、フェアバリュー(適正価格)を模索する場でもありまして、ものの主観的価値を最もよく表す美術品を巡っての人と人とのやり取りは、相対取引で決まる過程(プロセス)の中に交換経済の生々しい原点を見るようで、非常に勉強になると同時に興味深くもある...

単なるエンターテインメントというだけではなく、経済,商取引,人間心理,世界史,各国情勢,価値観の違いなどについて考えさせてくれる作品と言えると思います...

現在も不定期連載ということですが、マイペースでも良いから終わらずにこの漫画が続いていってくれることを今後も期待したいです...








posted by スイス鉄道のように at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村