2017年02月02日

映画『本能寺ホテル』の感想...

昨日は映画館のファーストデイ(大人¥1,100に割引)でした。

いきつけの映画館(TOHOシネマズ・日本橋)へ『本能寺ホテル』を見に行ってまいりました...

映画のホームページはコチラ...
↓↓↓
http://honnoji-hotel.com/

主人公は綾瀬はるかさん...

ストーリーとは直接関係ないですが、彼女の豊満な胸が最初から最後までとても魅力的です...

これだけでも「目の眼福」かも。

なお、これはどうしても目の中に入って来てしまうものであって、誰でも、どんなマジメな人でも避けられないものじゃないかと...

そう思います...

・・・

さて、この映画は、歴史物のように見えて実は違うという...

そんなユニークな一品となっております...

なんとなく生きてきた綾瀬はるか演じる主人公の倉本繭子は、なんとなく婚約し、婚約者の親に結婚のための挨拶をするために京都を訪れます...

人気の観光地である京都だけに、目ぼしいホテルにことごとく満員だと断られてやって来たのが築年数が古そうな「本能寺ホテル」でした。

そこのエレベーターの中で、戦国時代の本能寺にタイムスリップしてしまいます...

もっとも、タイムスリップはずっと続くものではなく、現代に戻って来れるというもの。

現代と過去とを行ったり来たり、行ったり来たり...

そうするうちに、繭子の気持ちには変化が生じていきます...

平凡かつ平穏な...
いわばまったりした普段の日常生活とはあまりにも違う戦国時代の活気と緊張感に包まれる繭子...

2つの世界のあいだのいちばん大きな違いは何か...
現代世界が失ってしまったものとは何か...

そんな問いを見る人に投げかけつつ、夏の京都を舞台として展開される戦国絵巻...

そこには命を張って毎日を真剣に生きる男たちの姿がありました...

その典型例かつ生きる真剣さがもっとも凝縮した人物が、堤真一演じる織田信長だと言えましょう...

特に彼女を動かしたのは信長の次の言葉でした...

「己のやりたいことに、大きいも小さいもない...」

「多くの者にとって、出来ないのではなく、やろうとせんから出来んのだ」

信長はじめ、一瞬一瞬を真剣に生きる男たちに繭子は徐々に影響され、人としての生き方についても啓発されてゆきます。

また、現代に戻った際には、婚約者の父親の生き様にも影響をうけます...

そして、自分が本当にやりたいことは何か、いかに生きるべきかについて、悩み、答えを模索します...

そうこうするうちに本能寺の変が起こり、信長の最後が近づくとともに、彼女の自分探しの旅もまた終わりに近づきます...

ラストが近づき、チェックアウトする際にホテルの支配人さんに繭子がいうセリフ...
「一生忘れません...」

繭子にとって一生忘れられない思い出とともにたどり着いたその答えは、これが彼女の”運命”だったのかも、と言えるようなものでした...

その答えとは???...

夏の京都の鴨川べりに佇みながら携帯電話で繭子が話す会話がラストシーン...

川沿いに涼しい風がさーっと通り抜けていくような感じがしました...

爽やかかつささやかな人生ドラマ、って感じの作品でした...








posted by スイス鉄道のように at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村