2017年04月09日

欅坂46の握手会に行ってきました

昨日は、千葉の幕張メッセまで、欅坂46の握手会に行って参りました。

あまりご存じない方に説明いたしますと、乃木坂および欅坂46の握手会には2種類あります。

全国握手会は飛び入り的に誰でも参加できる握手会で、握手会の前にミニライブが上演されます。

午前中がそのCDシングルのミニライブ、午後に握手、という感じです。

参加するには、”初回限定盤”というCDを買い、その中に封入されているイベント券が参加券になっています。

もうひとつの個別握手会はミニライブのない握手だけのイベントで、朝10時から夜8時頃まで、5部に分けて実施されます。

この個別握手会には、”劇場盤”というCDをfortuneミュージックさんのホームページから申し込んで、なおかつ抽選に当たらないと参加できません。

昨日の握手会は、後者の個別握手会でした...

ちなみに、握手券はこんな感じになっています。

akusyu.jpg

見ての通り、特定のメンバーを申し込む際に指定する形式になっています。

1枚でもいいし、数枚まとめて出してもいいんですが、1枚当たり5〜6秒くらいの握手時間です。

それでも、テレビに出てくる芸能人をすぐ目の前にして握手し、会話できるというのは、なんとも不思議な感じもしますし、消費者密着型・参加型ビジネスの成功事例としても非常に興味深いです...

1日で数千人と握手しなければならない方は大変かとは思いますが(ときどき体調不良で途中リタイアしたりするメンバーもたまに出る)、この消費者参加型・体験型のビジネスモデルはやっぱりよく出来ているなぁ...といつも感心します。


なお、どちらの握手会でも物販エリアというものが併設されていてグッズを売っています。

しかもものすごい行列がいつも出来てまして、飛ぶように関連グッズが売れているんです...

写真,タオル,ペンライト,Tシャツ,クリアファイルなんかですね。

いつも見ていて思うんですが、少子高齢化やモノが売れない不況やデフレってホント?、ってほどに活況を呈してます。

乃木坂および欅坂46はいずれもソニー系のグループ会社の運営ですが、両グループ共にAKBよりも最近は勢いがあって、また共に若者のファンが増えてきており、この商売は当分の間、好調に推移するんじゃないでしょうか...

すでに、乃木坂46については、ソニー本体の第2四半期決算報告書に掲載されているくらいです...

次のリンクの、pdfファイルとしての9ページめの上のほうです。
↓↓↓
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/library/fr/16q2_sony.pdf

”世界のソニー”の決算報告に出てくるからには「たかがアイドルグループ」って侮ってはいけないわけで、事業的な側面や、しばらく前に話題になった若者のニート問題の解決策のひとつ(=お金を稼ごうという動機につながるかも?)、さらには、東京オリンピック・イベントへの登場の可能性など、今後、いろんな展開も期待されるところだと思います...







posted by スイス鉄道のように at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村