2017年04月30日

KDDIを拾っておいて良かった感

この北朝鮮危機で相場が下がっていた時期のあいだに積水ハウス以外に自分が買ったものはKDDI...

先月(3月31日)にも100株買ったのですが、4月26日にも追加で100株を購入...

ここのところ冴えない動きを示していましたが、ROEの高さや、将来の増配の予定が発表されていること、そしてバフェット的銘柄だということから、見捨てずに買い増しました。

すると27日に同業のNTTドコモの増収見通しが発表されるや、KDDIも金曜日に買い戻されました。

NTTドコモと同じ業種ということで、「同じく良いだろう」と予想されたということらしいです。

同業他社の恩恵を受けたツレ高、ということですね...

とはいうものの、やはり良い銘柄というものはいつかは頭角を現してくれる...

”待てば海路の日和あり”、とはこのことでしょうか...


【購入データ】
購入株数:200株
買付平均単価:2,919円
28日時点終値:2955.5円


最近、バフェット流投資を心掛けているのですが、積水ハウスとKDDIはバフェット流に持とうかな、と...

そういう考え方をしております...

要するに、しっかりとした顧客の支持基盤を持ち、その結果、安定したキャッシュフローの流入が将来に期待でき、そして、経済の成長とともに自然と業績が伸びていく会社...

さらに言えば、あまり複雑でないビジネスモデルを有し、効率的で、経営者がしっかりとした判断をする会社...

そういう会社は、安定した配当をしっかりと出しつつ、じわじわ来るよ、と...

変なことにも手を出さないから、大失敗もないよ...

というわけです...

最近の話題として、日本郵政のオーストラリアの物流会社への投資失敗のニュースがありますが、ああいうことをしない社風の会社が望ましいです。






P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。





posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村