2017年06月15日

深夜番組『怪獣倶楽部』が面白い!

東京ではTBSで火曜の深夜に放送されている『怪獣倶楽部』...
↓↓↓
http://www.mbs.jp/kaijuclub/
https://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/news/1839544.html

”ウルトラシリーズ”をレトロ風な喫茶店を主な舞台として、大の大人のファンたちが語る、って構成の番組です。

おとといで2回目でしたが、いやぁ面白いですねぇ...

子供の頃を思い出しつつ、ワクワクしながら見ています。

初回はメトロン星人の回だったんですけど、町工場や、狭くて畳仕様のアパートなどが出てきます。

それらと高度経済成長に伴う高層ビルや最新鋭の交通機関が同居するという、まさに発展途上の昭和期の日本の風景...

ウルトラシリーズの映像を見ていると、昭和をビンビンに感じますよね...

それでいて色あせない...

社会問題をとらえたドラマでもある...

ラストシーンのナレーションが超有名ですよね。

「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです…。え、何故ですって?…我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから…」

よく考えてみると、人間同士の”信頼感”が無い方が、危機には強いのかもしれません...

日本は、欧米社会に比べて、セーフティーネットが弱いだの、政治家が情けないだの、いろいろと言われておりますが、それがかえって日本を世界有数の債権国にしている原動力なのかもしれませんから...

世の中も政治家も、みんな信用できない...
だから、一生懸命働いて稼がないと将来が不安だ!
そして、しっかりと貯め込んでやるぅ...

というわけで...

おっと、話しがそれてしまいましたが、来週はウルトラマンの最終回がテーマ...

ゼットンが出ますね...

非常に楽しみです...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 🌁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村