2017年07月23日

武井壮さんの税金に関するつぶやき...

いまや芸能人としての成功者といってもよい武井壮さんが税金についてつぶやいていますね...



39歳まで公共インフラにさんざんお世話になってきたのだから、収入に余裕ができた今はちゃんと払うよって...

いやぁ、同感しますし、偉いな、とも思います。

私は、酷税には反対ですが、適切な額の税金はやはり必要だと思いますね〜...

だから、武井さんの見解に共感します...

確かに、税金の無駄遣いや、政治家や官僚の政策の悪さもときにはあったりしますが、それはまた別の議論にすべきではないでしょうか...

社会のために最低限負担しなければならない”責任”ってあると思うんですよ。

そして、その責任を果たすためには、金(カネ)か労力の提供(=ボランティア活動等)かのどちらかになるわけです。

で、どちらが楽かというと、楽なのは前者のはずです...

そう考えると、カネさえ出して、それで社会的責任を果たしたことになるシステムというのは、捨てたもんじゃない...

また、その適正額を自発的に出すのは、良き一般市民としての意識の醸成にもなるはずです。

武井さんのツイートの内容が、それを表わしているように思います。

問題なのは、私たちが出したお金が、途中で変てこなことになるってこと。

日本が、オランダのような、市民が権利意識と適切な政治的権利を行使するような市民社会になるのはいつのことなのか...

先は長いですなぁ...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(4) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村