2017年08月16日

みずほフィナンシャルG株を安値で拾えたかな?

おととい、日経平均は約200円も下げ、¥19,500円台まで落ちました。

この日、私は、みずほフィナンシャルグループ株を500株、単価188.5円で買い付けました。

みずほは業績の先行きが思わしくないとはいえ、配当を考えると、さすがに180円台に食い込むなら「買い」でしょう。

みずほについては、7月4日の記事に書いた通り、6月の最終週に保有3,400株のうち1,900株を売っています。

そのときの売却単価は¥206〜208円ですから、約20円近く安く買い戻せたことになる...

こうやって、売り買いを機をみて繰り返し行い、買付単価を下げつつ長期保有を考える、というのが賢明な投資法というものです。

ただ単純に”買って持ってるだけ”などというのは投資家として怠慢なのではないかというのが私の個人的な考え方です。

そんなのは、本当の意味での長期投資ではないと思います。

マメな取引努力の積み重ねこそが、最終的に大きな果実をもたらします。

俗に「投資は”複利の効果”を生かすものだ」と言いますが、そもそも”複利”とは、反復再投資の一種です。

反復再投資の効果が固定的な比率で行われた結果が、”複利の効果”です...

ならば、その比率を、固定的じゃなくて、よりもっと有利な比率で行えないか?、と考えるべきです。

要するに、単純に複利の効果を狙うんじゃなくて、”複利の効果”を増幅してやる手立てを講じるのがより有効なのは間違いないでしょ?、って意味です。

それを具体的に行う方法が、下がったら買い&上がったらいったん売る、をこまめに繰り返していくことなわけです。

相場の先が読めないというのはあくまでも一般論であって、@日本社会は少子高齢化で発展性がない,Aにもかかわらず世界第3位の経済大国,B世界一の債権国,C円高は資源の無い国ニッポンにとってメリットもある,C貯蓄率も高い,D最近、コンプライアンスだとかコーポレートガバナンスだとか言われることで、企業内の管理体制がしまってきている,D日銀の金融政策の影響...などの諸要素を考えると、日経平均は大きく上がることもなければ、また大きく下がっていくこともなく、まあまあの水準を維持していくだろうということはおおよそ見通せます...

つまり、中期的に見て”ボックス相場”を予想し、その波にうまく乗るわけです。

そうして、下がったら買い&上がったらいったん売る、をこまめに繰り返していくと投資の元本は大きく膨らんでいくはずです。

ここが、今の日本の株式相場で成功するひとつのコツなのかな、と思います。







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。





posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 🌁| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

終戦の日を迎えて...

本日は「終戦の日」とされています。

現実の歴史的には、14日にポツダム宣言の受諾をする旨の天皇のご聖断,19日〜22日にかけて陸海軍への戦闘停止命令,9月2日に降伏文書の調印と、何段階かに渡って、随時、戦争終結へと推移したようです。

しかし、1945年の8月が、原子爆弾2発の被弾と日ソ中立条約破棄から始まって9月2日の連合国側のVデーに至る重要な画期となった”月”であることは間違いなく、その8月の真ん中の15日は、歴史の転機となった重要な日であることには変わらないと考えます...

あらためて、被害者となったすべての方たちのご冥福と現在の平和の有難みを噛みしめたいと思います。

そして、アメリカと北朝鮮のあいだに戦闘の火ぶたが切られないことを祈りたいです。

またもちろん、日本が巻き込まれないことも...



なお、北朝鮮の問題について、私見を述べておきたいと思います(以下)...

 北朝鮮問題については、国連の常任理事国である中国の行動が鍵を担っていると思います。なぜなら、今回、アメリカは当事国ですし、一方の中国は、アジアにおける唯一の安保常任理事国ですから。

 かつて、明治から大正にかけて、日本は、アジアにおける紛争を鎮めるのに役に立ちました(義和団事件のことです)。そして、”東洋の憲兵”と呼ばれ、第一次世界大戦後、国際連盟の常任理事国に任命されました。いわば、紛争を鎮め、秩序を回復する役目を担えるか否かが、国際社会において、軍事面でリスペクトされ、一定の地位を認められる条件です。そして中国は、第二次世界大戦で過ちを犯し東京裁判という場で否定された日本に代わる存在として期待され、常任理事国に任命されたというのがこれまでの経緯のはずです...

 朝鮮戦争の際は「中華人民共和国」は承認されておらず、今の台湾が正規の政権として認められていたため、紛争解決の責任を問われる立場にありませんでしたが、今回は違う... 中国の紛争解決能力が、いま問われているのだと思います。今回の件の解決に中国がまったく役に立たなければ、国際社会におけるプレゼンスを失う転機となるのではないかと思います。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

キリンの夏らしいCMがいいねぇ...

8月からテレビで流れ始めたキリンの「キリン午後の紅茶」の限定夏CMがいいですねぇ...



メインの出演者は、上白石萌音さん...

設定としては、高校生の男女が登場して、女の子たちはaikoさんの名曲『カブトムシ』を清流に足を浸しながら朗々と歌いあげます...

夏らしさ、爽やかさ、清純さ、水と緑の色鮮やかさ、そして自然の美しさ...

とても癒されまするぅ〜...

被災地熊本の水源を舞台に選んだのも、なにか想いがこみ上げてくるものがあるし、大事なものを取り戻せる何かを感じます。

これはひとつの芸術作品ですねぇ...

今年のNo.1CMの候補として推したいなぁ...

グッジョブ、です...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村