2017年09月27日

遠山の金さん3時間スペシャルを見て

おとといの月曜夜に時代劇『遠山の金さん3時間SP』がTBSで放送されました。

ストーリー展開、カメラワーク、粋で美しい町並みや登場人物の立ち居振る舞い...

たいへん素晴らしかったです...

時代劇が好きだというTOKIOの松岡昌弘さんも熱演でした。

番組ホームページはコチラ...
↓↓↓
http://www.tbs.co.jp/program/toyamanokinshirou_20170925.html

子供の頃、たまーに見ていたこの番組ですが、久しぶりに見ると江戸を舞台にした時代劇の良さを改めて実感します。

私が現在住んでいるのは江戸時代では下町にあたる台東区でして、近くには浅草や両国などがあります。

それらの古き良きスポットを訪れると気分がなごみますし、癒される感じがします。

このブログでも紹介した浅草伝法院(5月5日の記事)や両国界隈(8月23,24日の記事)などです...

また、山の手地区にも、まだまだ江戸情緒の残る地域はあります。

たとえば、薬王院(5月1日の記事)...

私は、また、江戸を舞台にした本を読むのも好きです。

9月16日の記事(『下級武士の食日記』)や8月27日の記事(『江戸はすごい』)など...

そんな数々の江戸の風情や情緒が最近とくに好きになってきたのですが、『遠山の金さん3時間SP』は撮影自体は京都などでも行われたようですが、全体的に、江戸時代と江戸の良いところ(美しい自然・風景、義理人情、庶民の善良さ、町のにぎわいと活気、戦争の危機がないこと、など)がステキに描かれていました...

もちろん当時の実像ではないんでしょうけど、何か今の日本からは失われてしまった大事なものが感じられるというか、心が洗われるというか...

いい思いをさせていただきました...

感謝します、TBSさん...

配役(キャスト)や衣装代,ロケ代などを考えると、テレビ局的には、番組のコストパフォーマンスは必ずしも良くないのだとは推測しますが、それでもこのような素晴らしい番組を特番だとしても制作してくれてありがたいな、と思います...









posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村