2017年10月08日

ピコ太郎さんのツイートが語るもの...

ピコ太郎さんがウガンダの観光大使に任命され、招待され、現地まで行ってきたみたいですね。

Yahoo!ニュースの記事...
↓↓↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000048-tospoweb-ent







いやぁ、すごい...
大統領と会談させてもらえるなんて...

”ネット社会”って批判も多いけれど、彼はネットによって成功者になりましたね...

ひと昔前であれば、日本にくすぶる星の数ほどいるバラエティ芸人の一人で終わってたような気がします。

ところで、思わずうならされたのは彼のこういうツイートです。



「すぐ数値だったりコスパに走るけど...(中略)、何より決めるのは自分だと実感する。
風や匂いや味や時間感覚や…何より人との触れ合いでしか得れないものは確実にある。」


まさにその通りで、勉強するのは良いことだけれど、そればっかりにすると、頭でっかちになりすぎて、大事なことを見失ってしまうんじゃないでしょうか。

投資の世界にたとえると、投資本やネット情報を見て、それでインデックス積立にばかり走るのはどうかなぁ〜???

このブログで何度も言っているけれど、投資の基本は個別株だと思います...

なぜなら、企業というものは「生き物」だからです...

そこで働く多くの従業員、そして知恵を絞って経営に邁進している経営者、その他の多くの関係者(ステークホルダー)の方々...

そういう人々の織りなす人間ドラマがそこにはある...

上場企業であれば、そのドラマがニュースや開示されるIR情報を通じて、いろいろと流れてくる...

そういった情報を吟味・評価して、それで投資を行なう...

それが生きた金(投資資金)の使い方であり、企業と共に生きる共感性を持った投資家の姿である。

そして、”共感性”を持って投資行動を行なえば、おのずと投資センス(感覚)も磨かれてくる...

だから、個別株の世界に乗り出して、それですべったり転んだりして投資経験を積むことのほうが大事なんじゃないのかな...

経験しないとわからないことはたくさんありますよ...

基本的なことを経験したうえで、それで違う道にすすむのならわかります。

でも、最初から流されて安易な道へ進むことのほうが、数字ではないリスクをしょっているような気がするんだよなぁ...

って、私は思います...








P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(2) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村