2017年10月13日

立憲民主党の枝野氏に新しい風を感じて...

今月22日実施の衆議院総選挙の公示が10日に行われ、今週に入って、いよいよ選挙戦が本格的になってきたなという感じがします。

私が注目しているのは、”立憲民主党”とその党首の枝野氏です。

希望の党は急造政党という感じがどうしてもぬぐえないし、自民と公明の連立政権が独り勝ちするのも日本の将来にためには良くないと考えます...(なお、必ずしも自公政権を否定しているわけではないです)

枝野氏は、過去、民主党の旗上げ時代から、鳩山氏,小沢氏,菅氏,前原氏,蓮舫氏などの陰に隠れていた印象ですが、ここへ来て、党首になってからは、リーダーシップとそのぶれなさそうな熱さが評価できる人物としてクローズアップされてきたように思います。



”すべての比例区に選択肢を”ということで、立憲民主党が思わぬ躍進を遂げるとなると、自公+立憲民主党の連立政権や、希望と維新+立憲民主党の連立政権なども考えられ、日本の政治のキャスティングボードを握る可能性もある...

そうすれば、一定の歯止めがかかって、右寄りに多少行き過ぎた感のある日本の政治が中道寄りに少し戻るかも...

なぜなら、立憲民主党は中道左派だと思っているので...

私は、基本的に、政治は中道であるべきだと思っているので(短期的に見てそれが経済を多少うまくいかなくしたとしても)、そうなれば、”良きかな”、と思います。


なお、立憲民主党に注目している理由はもう一つあります。

それは、共産党や民社党のように、20世紀色・昭和色を伴う左翼勢力というのではなく、21世紀色・平成色を出しているところ。

Twitterをうまく駆使して(フォロワー数が17万人を超えている)いますし、枝野氏はなんとアイドルグループ乃木坂46と欅坂46のファンみたいなんです。





やはり、政治・政党というものは、最新の状況をふまえて行われ、また、その活動が取り組まれていかなければいけないのではないでしょうか?

昭和時代のリベラル色を引きずっている政党では、時代の流れに遅れているとしか思えない...

そういう意味では、立憲民主党と枝野氏は、”NEW!”というマークの付いている政党であり政治家だと思うんですよねぇ...

また、一部の経済評論家や学者の意見を踏まえるだけでなく、庶民目線というのも必要です(もっともそればっかりではいけませんが)...

アイドルソングといえども、市井のはやりものへの興味と関心を持つということは、変に「政治屋」ぶらずに仕事をしそうだということなので、これも一定の評価ができるんじゃないかと思います...

とりわけ、選挙権を持つ年齢が20歳→18歳へと引き下げられた今では、若者層に訴えるべきものがあること、また、たとえそれが無くても、若者層に政治に興味を持ってもらえるような政党なり人物なりが出てくるのが日本の将来のためになるのではないでしょうか。

”若者層”が政治に無関心なまま、というのではいけないですものね...








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村