2017年10月16日

投資信託を2つ解約する(リスク回避&チャンス待ち)

ここ2週間ほどの間に投資信託を2つ解約しました。

解約した投資信託は、
・フィディリティUSハイイールドファンド(フィディリティ証券にて保有)
・ワールドリートオープン(SBI証券にて保有)
です...

それぞれの投資成績は以下のとおり...

【USハイイールドファンドの戦績】
購入日:2015年5月11日
購入総額:700,000円(キャンペーンにより購入手数料なし)
受取配当金総額:227,295円
売却日(約定日):2017年10月3日
売却後受取額:483,729円
収入総額:711,024円
トータルリターン:+11,024円
損益:−634円

【ワールドリートオープンの戦績】
購入日:2012年10月5日
購入総額:400,891円
受取配当金総額:344,217円
売却日(約定日):2017年10月11日
売却後受取額:283,000円
収入総額:625,066円
トータルリターン:+224,175円
損益:−2,700円


ト―タルリターンがプラスで、損益はマイナス...

つまり、このブログで何度も言ってきている通り、個別株の儲けとぶつけて確定申告すれば税金が安くなる(戻ってくる)わけですが、今回の売却の主目的はそれではなく、ひとつには”リスクからの解放”です...

為替相場の先行き不透明感とリート市場および債券市場の先行き不透明感という2つの見通しの悪さ。

これが売却を決めたひとつめの理由です。

そしてもうひとつの理由は、”チャンスへの備え”です...

要するに、この2つの投資信託へ投下した過去の資金をいったんキャッシュに換えておいて、再度、適切な投資のタイミングを待つというスタンス。

過去の投資というものは、その過去の時点での投資判断にすぎず、それはもう古いから清算しようと考えました。

わかりやすく言えば、過去の情報にもとづくポジションの解消と新たな機会に対する待機、かな...

「投資は情報に立脚し、情報そのものでもある」...

自分で作った格言です(笑)...








P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。




posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(6) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村