2017年11月30日

築地でカレーを食べてきました

昨日のランチは、築地へ行ってカレーを食べてきました。

行ったお店は、「中栄」さんというお店です...

築地らしく、早朝5時からやっているお店でして、その代わり、終わるのは午後2時となっています。

大学院の授業が終わってから行ったので、その時間の都合上、現地到着は午後1時半という閉店間際でした。

tyuuei1.jpg

しかし、写真を見ての通り、かなりのお客さんがおられました。

中に入り、カウンター席につき、「ビーフカレーをひとつ」と注文します。

と、1分もかからず、供されました。

はやっ!!

tyuuei2.jpg

味は普通のビーフカレーでした。

ちなみにお値段は¥600円(税込)なので、普通か少し安めというところかな...

ネットなどで有名なお店でしたが、特にすごいところとか、感動するといったところまではありませんでした。

まあ、場内にある有名なカレー店ということで、話のネタとしても、また経験としても、一度味わっておくのはソンではないかな、という感じ...


食べ終わった後は、築地場外市場をぶらぶらと散歩しながら帰りました。

tyuuei11.jpg

tyuuei12.jpg

tyuuei13.jpg

いやぁ、平日の昼過ぎでしたが賑わっていましたねぇ...

外国語も何回か聞こえてきました...

マーケットの賑わいって、なにかわくわくしたり、気分が高揚するところってありますよね。

それが味わえただけでも、行った甲斐はありました。

それに、マーケット(市場)の雰囲気,空気を肌でじかに感じることも、投資家にとっては非常に大事なことだと思います。

なんといっても、今の世の中は、”市場経済”なのですから...








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

『経済で読み解く織田信長』を読んで...

上念司著『経済で読み解く織田信長』を読みました。

経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する -
経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する -

内容は、タイトルとは少し違ってて、室町時代の寺社勢力の経済力や経済活動、そして中国との貿易(日明貿易)の実態が中心です。

全部で8章あるんですが、1〜6章が信長前の経済状況、7章と8章が信長にあてられています。

つまり、信長以前についてのほうがページがたくさん割り当てられています...

いうなれば、閉そくした日本経済を長々と描くことで、いかに信長がそれをすっきりさせたか、という書き方になっているわけです。

信長までは、朝廷と公家、寺社勢力、幕府、有力大名といった多くの既得権者がいるなかで、特に古くからの寺社勢力が関所や貿易の利権を握ることで日本の経済的な支配を行っていました...

以下、引用です...

寺社勢力こそが支那との貿易の担い手でした。留学僧が仏教の勉強をしていたというのはとても一面的な理解であって、むしろ「貿易のほうが本業だった」と思っていいかもしれません。


奈良における興福寺のパワーはあまりにも強く、鎌倉、室町時代を通じて、幕府は守護を置くことができませんでした。もうここまでくると、宗教団体というよりは地方軍閥に近い存在だったと言えるでしょう。


比叡山の主な収入源は関所と金融と荘園でした。琵琶湖は北陸の物資を畿内に届けるための「シーレーン」だったので、比叡山は「湖上関」という関所をいくつも設けて膨大な通行料を徴収していました。


寺社勢力は実質的には日本の中央銀行であったということです。実は、奈良時代から天台宗(比叡山)など旧仏教勢力が強力なパワーを持っていた理由はまさにこれでした。それが、鎌倉時代になると新興の臨済宗が幕府のバックアップを受けてこの利権に割り込みました。


比叡山には近江地方を中心とした巨大な荘園が存在しました。度重なる焼き討ちと徹底した破壊でその全容はつかめていませんが、最もパワフルだった鎌倉時代末期には6万石の寺領を有したと言われています。下級僧侶が武装し、いわゆる僧兵になったのはまさにこの寺領を自衛するためでした。


鎌倉五山は幕府に便宜を図ってもらうことでマーケットを広げ、その見返りとしてその収益の一部をキックバックします。つまり、臨済宗などの寺社勢力と幕府の実質的な関係は「お代官様と越後屋」だったのです。


義満の時代の政治の安定の真相は、五山の経済的なパワーの強化に他なりませんでした。義満が室町幕府最強の将軍でいられたのは、五山の強大化を黙認し、政治的なバランスを取りながら自分をサポートさせたからなのです。


荘園の数は南禅寺だけで加賀を中心に29か所、東福寺だけで22か所もありました。


五山のひとつ天龍寺は31か所の荘園から年間で「米穀で二千四百二石、銭貨で五千七百二十一貫文」を収納していました。


こういう状況のなか、応仁の乱が起こり、その後の混乱のなかから本願寺などの新興の宗教勢力も生まれ、そして成長していきます...

本願寺は比叡山や五山と違い、荘園を持たずに信徒からの喜捨によって資金を集めていました。そのため、堅田の町が物流で栄えると、信徒が儲かって寺への寄付金も増えます。門前町が経済的に栄えれば栄えるほど、相対的に寄付金も増えていく仕組みです。


本願寺が近江の金森、堅田、北陸の吉崎で展開した寺院と町をセットにした都市計画のことを「寺内町」と言います。


この寺内町こそ、比叡山や五山とは異なる本願寺の新たなビジネスモデルだったのです。


宗教という「コンテンツ」を使って人を集め、集まった人のニーズに合わせた商売がそこで展開される。これはまさに現代のショッピングモールが映画やヒーローショーやライブなどで集客してセールスを伸ばそうとするのと同じです。そして、人がたくさん集まるほど、そこでの商売も大きくなり、本願寺への喜捨の金額も増えていくわけです。


極限状態で町衆が暮らしていくためには自ら武装し、街区を釘貫とよばれる堅牢なゲートとバリケードによって防衛するしかありませんでした。日蓮宗の信徒たちはこのような身近な治安維持活動を通じて日常的に軍事能力を高めていったのです。


京都では情報が錯綜し、一旦は(細川)晴元討ち死にというニュースが流れます。この時点で晴元のめぼしい家臣は摂津守護代薬師寺国長だけとなり、法華一揆が京都の実質的な「大名」になってしまいました。


8月7日、本国寺に集結した3000〜4000人の自衛軍は鬨の声を上げて市内を練り歩く軍事パレード(打廻り)を行いました。法華一揆の登場でした。この日から、1536年7月27日までの約4年間、晴元不在の京都の治安を維持し、一向一揆などの外敵から守っていたのは法華一揆です。


奈良時代・平安時代以来からの比叡山延暦寺や奈良の興福寺...

鎌倉時代以来の幕府と結びついた五山(南禅寺、円覚寺など)...

応仁の乱以後の混乱の中から出てきた本願寺に法華宗...

信長まではこういった勢力が日本経済を支配していた...

こういった古い体質の経済構造をいったん清算し、世俗権力主導の国民経済を誕生させた政治家として織田信長を描いています。

信長の業績は、その後、豊臣秀吉と徳川家康に受け継がれました。

秀吉政権および江戸幕府は寺社勢力を削減し、そしてまた室町時代までの地方分権社会を克服し、貨幣の発行と流通を軸に中央集権化を果たします。

再び、引用です。

中央銀行と不動産ディベロッパーと商工ファンドを兼任して巨大な力を持っていた寺社勢力から経済政策の主導権を奪い返した点は高く評価できるでしょう。信長は安全保障上の理由からノーチョイスでそうせざるを得なかっただけかもしれませんが、結果として、秀吉、家康にこの経済の主導権は引き継がれていきました。


信長のやり方を踏襲した秀吉がこのインフラを拡張し、家康以降は河村瑞賢がこのインフラをベースに更なる改善を行いました。


こうしてみると、織田信長こそが中世を打破し、近世の扉を開いた人物だということがわかります。

その信長の実態は、中小企業の経営者...

合理的で、経営資源を無駄に使わず、成功事例の徹底的な真似が、彼の成功の秘訣でした。

自分の政策に反対する者には容赦がありませんでしたが、多少なりとも譲歩すればそれなりの対応で報いています。それはある意味で余計なリソースを使わないという戦術です。信長は9年かかった尾張統一で苦労した経験から、限られたリソースを有効に配分する「経営術」を学んだのではないでしょうか。


成功しているやり方は徹底的に真似して、オリジナル以上の精度で再現し、逆に失敗しているやり方は絶対に採用しない、これこそが成功への近道です。


信長よりも前に近江石寺で六角氏が、駿河富士大宮で今川氏が楽市楽座を開いています。むしろ、寺内町の繁昌やこれら2つの先行事例の成功を知って信長が積極的にパクったと考えて然るべきだと私は思います。


寺内町などの成功事例を知っていた信長は、交通の要衝に居城を構え、大きな城下町を作ることで商業を盛んにしました。そうすることで戦争に必要な物資の調達も楽になり、おまけに領地が経済的に発展することになります。しかも、本拠地につながる道路などの交通インフラは軍事仕様でしっかりと整備されていました。優れたリーダーは一つの政策で一石二鳥、三鳥の効果を生むように仕組みます。信長の軍事と経済の政策は表裏一体だったのです。


本願寺が考えた寺内町というビジネスモデルは一部では真似されていましたが、信長ほど意図して大々的にパクった人はいなかったのではないでしょうか。


等身大の信長が見えてくる感じもしますね...

その他、信長以前の室町時代までの日本経済の現場も細々と明瞭に記されていますので、その点、勉強にもなりました。

おススメの一冊だと思います。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

枚数限定の東京メトロ90周年記念きっぷが超お得!

今年は東京メトロの1号線が走り始めてから90周年だそうです。

おめでとうございます!

東京メトロでは、90周年を記念して、枚数限定でお得な記念きっぷを発売募集中...

公式ホームページの案内はコチラ...
↓↓↓
https://www.event-metro.jp/depa-ticket/

見ての通り、”24時間乗り放題券”が、なんと!

1枚当たり90円です(3枚セットなので270円となります)。

これはむちゃくちゃお得ですよ。

通常価格は¥600円ですから、85%引きです。

ただし事前申し込みが必要で、なおかつ枚数限定(9,000セット)なんです。

申し込み方法は、ハガキ,Web,Twitterの3通り。

私は、Webから応募しました。

申し込まれる方は、12月10日までですから、お忘れなきよう...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村