2017年11月24日

投信ブロガーが選ぶ Fund of the Year 2017に投票しました

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」に投票しました。

投票したファンドは以下の4つです。

スイス・グローバル・リーダー・ファンド
DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)
PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(米ドルコース)
フィデリティ・日本成長株・ファンド

上3つは自分が保有しているファンドで、4つめの「フィデリティ・日本成長株・ファンド」は、私が加入しているソニー生命の変額個人年金の選択肢のひとつである”日本成長株式型”が運用対象としている「フィディリティ・日本成長株ファンドVA3(適格機関投資家専用)」に一番似ていると考えたものです。

要するに、自己保有もしくはそれに準じるファンドからパフォーマンスの良いものを選びました。

なんといっても「投信ブロガーが選ぶ」というからには、実際に体験してないと説得力がないと思うんですよね。

そして、この4つのうち、中長期的にみても一番優秀だと考えるもの(DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型))に2点をつけました(他はそれぞれ1点です)。

評価のポイントは、純資産総額の大きさ,基準価格の安定性,分散度合い,トータルリターンです。

最新の月報では、米国のリートに66%,日本と豪州に各7%強,欧州に約10%,その他として香港とシンガポールのリートにも投資しています。

要するに、世界じゅうに(グローバルに)投資されていて、地域面で分散が効いています。

また、建物用途としては、小売に全体の1/4,オフィス,雑居ビル,マンション,産業用施設,医療にそれぞれ全体の10%弱〜15%、その他、倉庫やホテル&リゾートに各5%と、建物用途別の分散も効いています。

純資産総額は、約2,062億円と大きいです。

また、信託報酬も年0.918%と、1%を切っています。

毎月分配型だから、時間的な分散も効いていて、トータルリターンではプラスになりやすい。

優秀なファンドといえるのではないでしょうか。


「PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(米ドルコース)」は、楽天証券で、分配金余力があってなおかつ高分配のファンドとして挙がっているものです。

楽天証券の該当ページはコチラ...
↓↓↓
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/dividend_reserve_capacity/

私はこれを見て、比較的最近(10月半ば、11月初旬の)2回に分けて購入しています。

これからのパフォーマンスが楽しみです...


「スイス・グローバル・リーダー・ファンド」は、このブログで過去取り上げています。

2015年5月24日の記事2015年7月2日の記事2015年7月20日の記事の各記事です。

このファンドは、グローバルに事業を展開する優れたなスイス企業に投資するもので、年4回の分配金も出て、中長期的にみて成長と分配の両方(キャピタルゲイン、インカムゲインの両方)に期待できる優良ファンドだと思っています。

また、スイスフランは円と同じくリスク退避用通貨と見られていて、スイスフラン安にはなかなかなりにくい...

よって、為替リスクも低いと思っています。


「フィディリティ・日本成長株ファンド」は、ソニー生命の変額個人年金で選択した日本成長株式型タイプでして、これそのものを購入したわけではないものの、今年、自分は、この種類の投資で儲けさせてもらいました。

つまり、好パフォーマンスを自分で実際に体験しております。

また、日本株は情報量も多く、直接の為替リスクは低いですし、成長していける企業への投資は”投資の王道”だというのは有名投資家が口をそろえて言っていることでもありますから、日本の明るい未来にかけるならコレかな、と思います...


というわけで、以上の4つに高い評価を下し、投票をいたしました。








P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。






posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(4) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村