2017年12月31日

今年一年、感謝,感謝,感謝...

いよいよ今年も今日で終わりですね...

私は大阪の実家に帰省する予定でして、朝から新幹線に乗ることにしておりますので、この投稿は予約投稿になっております。

今年一年、いろいろなことがありました...

いろいろなものに、そして多くの方に感謝いたします。

一年間、無事で充実していたし...

おいしいものもたくさん食べることができたし...

読みたい本もたくさん読めたし...

乃木坂46や欅坂46のライブにも行けたし...
(乃木坂46の皆さん、レコード大賞獲得おめでとう!)

行きたいところに旅行にも行けたし...

通っている大学院の卒業のメドもたったし...

何よりも大きな病気をせずに一年間を過ごせたし...

投資もまずまず、うまくいっているし...

仕事務めをやめて、はや一年半強となりますが、日々充実していて忙しいなか、楽しみもたくさんあるという、豊かで明るい毎日を送ることができています。

来年もまた一日一日を大事に頑張っていきたいと思います...

皆さんもどうぞお元気に年末年始をお過ごしください...







P.S.
美しくもたおやかな現在の”美”の象徴たち...




ほんとにほんとに、おめでとう!



その通りですね...
芸能界もいわばシビアなビジネスの原理が働く競争社会...

”差別化”こそ成功のキーポイントですね。



たくさんの人を巻き込むことこそ、成功の鍵ですね...



枝野さんも応援ありがとうございます。

味方が多いことって幸せにつながりますね...

いやぁ、今年の最後を良いニュースで締めくくれました...




posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

有名なトンカツ専門店『丸五』に行きました

昨日のランチは、秋葉原にある有名な揚げ物の専門店『丸五』さんに行きました。

ここは少しお値段が高めなのですが、いい油にいい材料を使ってひとつひとつ丁寧に作ってくれる揚げ物の名店で、ミシュランにも載るほどのお店です...

特に有名なのはトンカツですね。

11時半開店で、私は11時15分頃に行ったのですが、すでに長い行列が出来ていました。

1229_0.jpg

待っている間、ときおりプーンと香ばしい香りがただよいます...

ここはゴマ油を使っているそうで、それがお店の外にまで漏れ出てくるみたいです。

この香りも営業上の武器になっているような気がします。
”食欲”をそそりますから...

20分ほど待ってようやく入れまして、カウンター席に案内されました。

「ロースカツ定食(¥1,850円)」を注文します...

10分ほど待って供されました。

1229_1.jpg

テーブルには、ミルでガリガリとかける塩(たぶん岩塩?),カラシ,特製ソース,らっきょうに梅干しの小壺などひと通りが揃っておりました。

オーソドックスにカラシと特製ソースをかけていただきました。

おいしいのはもちろんですが、ひとつひとつ丁寧に作っている感じがしてきます。

使っている油も良さそうで、しつこくありません...

衣の状態もいい感じ...

さすがミシュランに載るだけのことはあるなぁ...

大げさかもしれませんが、一生に一度は食べておくべき名店のトンカツだな、と思いました。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

秋葉原の流行っている立ち食い寿司で至福のお昼をいただきました

昨日は本屋さんへ行くために昼前に秋葉原に行ったのですが、歩いていてふと次の看板が目に留まりました...

1228_0.jpg

『魚がし日本一』秋葉原店さんです。

いやぁ〜...そそりますよねぇ...

こんな魅力的な写真を見せられたら、たまりません...

11時半というまだ空いているときということもあって、入りました。

まずは、看板にもあった「三寒王」を注文です。

なんとこの日だけのサービスで、普段¥450円のところが¥400円になってました。

ラッキー!

注文して3分ほどでやって参りました...

1228_1.jpg

次に、同じく看板にあった「黒皮かじきの昆布ジメ」(¥300円)を注文です。

1228_2.jpg

これもウマい!

さらに、「ネギトロ葉わさびえんがわこぼれ」(¥300円)を頼みます。

写真を撮り忘れましたが、ネギトロの上にえんがわと葉わさびが山盛りになってあふれているという一品...

これも当然のことながらウマーーーいです!!

占めて税込みで¥1,000円を超えるお値段になってしまいましたが、その代わり、至福のひとときを過ごせました。

写真映りは悪いですが、これは私のスマホの性能と席における光の具合の関係でこうなってるだけですからね〜...

”味”はすべて極上でした。

秋葉原にある大通りの交差点の角という優れた立地と、築地から毎朝仕入れているというネタの優秀さとが相まって、少し高いけれども絶品のお寿司を提供するお店として仕上がっているなと思いました。

人の目につく立地ということ、競争が激しいということ、そして、優れた仕入れルートを確保しているということ。

三拍子そろっているというわけです...

ですので、超・おススメのお店だと思います。

お店を出たときは12時を回っていましたが、こんなに行列が...

1228_3.jpg

やはり、本当にいい店には人がたくさん集まりますね...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村