2017年12月19日

副島隆彦著『老人一年生』を読み、高齢による注意点を知る

経済や政治に関する鋭い切り口で有名な副島隆彦さんですが、60台の半ばになり、”老い”を実感したそうです。

それで著したのがこの本、『老人一年生』です...

老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書) -
老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書) -

「痛い!」という副島氏が声を挙げるところから始まるこの著作は、医療の建前と実態,誤った常識の暴露,西洋医学の限界を指摘し、これから高齢を迎える方、それから、いずれは高齢者になる方々への警告とアドバイスに満ち満ちています。

例えば、椎間板ヘルニアや腰痛は、骨の病気ではなく筋肉の病気なのだそうです。

以下、引用です...

どうやら腰痛も頚痛も、手足のしびれも、決して背骨の問題から来る痛みではない。手足のしびれや、お尻から太腿にかけての、いわゆる「坐骨神経痛」とこれまで世間で言われている痛みは、これは決して骨(脊柱と椎間板)からくる神経の病気ではない。骨から起きる痛みではない。どうやら、筋肉の中の血管が圧迫されて痛みが出るのである。だから、腰痛とは、文字通り「腰の筋肉の痛み」であり、だから「筋痛症」と呼ぶべきであって、骨の病気ではない。


どうも、ほとんどの腰や背骨の痛みの病気は、筋肉の痛みのようだ。筋肉が受ける刺激とか、筋肉が固まっている、とかいろいろ言い方があるのだろうけど、そういうものであって、決して骨の異常ではない。


ケネディ大統領は大変きつい腰痛持ちで、手術でも症状がよくならなかったと言われていた。ところがその後、このトラベル医師の診断とトリガー・ポイントブロック注射の治療を受けて、症状が改善して元気になったそうである。


トリガー・ポイントブロック治療では、そのトリガー・ポイントに筋肉注射をぶすりと打ち込む。私に筋膜注射をしてくれた医師によれば、注射の中身(液体の内容)はほとんど生理食塩水に近いもので、薬剤をわずかに入れているだけということだ。


やはり「筋肉を包んでいる膜が硬くなっているので、そこに注射する」をしてくれる医者がいい、と私はあえてここで書いておく。


整形外科医の方たちが手術をするのは間違いなので、ヤメておけ、だそうです。

整形外科医たちは骨の異常しか見えないから、腰や首の痛みを骨の病気だと信じている。レントゲンやMRIやCTスキャンには筋肉は写らない。本当は姿勢の歪みによる筋肉の病気なのだ。


それから、歯のインプラント治療も、眼のレーシック術も、ヤメておけ...

氏はそのように語ります...

実験台にされるようなものだから、と...

”痛み”については...

私は鍼灸師が一番いいと今は思っている。


鍼灸術は、中国4000年の、人体を研究し尽くしたところから生まれた。近代西洋500年の医学では、どうにも治せない病気が増えてきたから、みんなが頼る。


なんだそうな...

言われてみれば確かにその通りかな、という感じがします。

もちろん、氏は西洋医学のすべてを否定しているわけではなく、細菌の研究や対感染症については西洋医学を高く評価すべきだと言っています。

要は、なんでもかんでも西洋医学と高学歴で偉そうにしている日本の医者たちを信用するな、と...

もっと、自分自身のからだに聞いた素直な自己診断と古来からの民間療法を見なおせよ、と...

そういうことを語っておりました。

一理あってタメになる内容でした。そして、氏の語り口調が相変わらず面白い...

おススメの一冊だと思います。







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ワザと損失を出して年末調整(個別株)

いよいよ12月も後半戦に突入ですね...

皆さんの投資の成績はいかがでしょうか?

私は、12月に入ってから、個別株でワザと損失を出すことで税金(譲渡益税)の節税をはかる作戦を展開しています。

もっとも、”損失”を出すといっても、トータルリターンでは配当金を考慮してプラス,損益計算ではマイナスになるような銘柄を選んで行っています。

実績は次の通りです。

7908 きもと
保有株数:200株
買付平均単価:305円
購入総額:61,150円(手数料込み)
購入日:2014年7月31日
売却単価:295円
売却総額:58,850円
売却日:2017年12月5日
損失額:-2,300円
受取配当金総額:2,553円(税引き後)
税金考慮前トータルリターン:+253円
譲渡益税還付額:478円
トータルリターン:+731円

3177 ありがとうサービス
保有株数:100株
買付平均単価:3,090円
購入総額:309,293円(手数料込み)
購入日:2017年2月16日
売却単価:3,010円
売却総額:300,707円
売却日:2017年12月13日
損失額:-8,586円
受取配当金総額:8,766円(税引き後)
税金考慮前トータルリターン:+180円
譲渡益税還付額:1,747円
トータルリターン:+1,927円

ささやかですが税金の還付を受けつつ、新たな投資資金を来年に向けて確保する...

これが”ベテラン投資家”ってものですね。

ウマイかヘタかは別として...








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

菊池大司教の着座式に参式して..

昨日、カトリック教会東京大司教区の新しい大司教様の着座式が司教座のある関口教会で行われまして、私は参式いたしました。

kikuchi1.jpg

大司教着座式は、前任の岡田大司教様の着座式は2000年でしたから、20年に1回あるかないかというめったに見られないものです。

遅刻しないように早めに行きましたが、お天気がよいこともあり、人出は多く、賑わっておりました...

警察官も来ていましたね...

やはり、外国からVIPが来ると、どうしてもそうなりますかね。

マスコミも来ていました(たとえば、毎日新聞の腕章をつけた記者さんを目に留めました)。

そして、当然、中は大混雑でして、立ち席の方がたくさん...

少々早く行くくらいでは、”焼け石に水”でした。

kikuchi2.jpg

そんな中、着座式ミサは11時から予定通りに開始されました。

冒頭で「時はきた」と司式の神父がおっしゃいまして、いやがうえにもテンションが高まります。

司祭の入場はいつものミサと異なり、東京教区をはじめとする日本人の神父がた、そして外国からの来賓の方々が先頭からずらずらっと並び、最後のほうで新大司教様が入ってこられました。

ヴァチカンから来た教皇特使が挨拶のあと、ラテン語で任命書を読み上げられます。

それから、日本人神父が日本語で翻訳した同じ文章を読み上げられました。

その後、岡田大司教から司教杖を新大司教に渡されました。

そして、新大司教様の新しい紋章が掲げられます...

kikuchi0.jpg
(受付で記帳所があり、そこでもらったカードです。紋章と言葉が入ってました)

これで主な儀式は終わり、このあと普通のミサに...

しかし、聖体拝領後に、また外国の来賓方の挨拶モードに入りました。

12時50分で学校に行く時間になったので、泣く泣く途中退席です。
2時間近くの時間を要してもまだ終わらなさそうだとは...

残念無念です...

外国の来賓としては、先に述べた教皇特使の他に、隣国であるソウル大司教様、教区同士が友好関係にあるドイツのケルン大司教様、菊池大司教が若き頃に宣教活動をされたガーナの大司教様などがいらっしゃっていました。

また、聖職者だけでなく、一般信徒としても、黒人,白人,日本人,その他アジア系と入り乱れ、国際色豊かな式でした。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村