2017年12月19日

副島隆彦著『老人一年生』を読み、高齢による注意点を知る

経済や政治に関する鋭い切り口で有名な副島隆彦さんですが、60台の半ばになり、”老い”を実感したそうです。

それで著したのがこの本、『老人一年生』です...

老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書) -
老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書) -

「痛い!」という副島氏が声を挙げるところから始まるこの著作は、医療の建前と実態,誤った常識の暴露,西洋医学の限界を指摘し、これから高齢を迎える方、それから、いずれは高齢者になる方々への警告とアドバイスに満ち満ちています。

例えば、椎間板ヘルニアや腰痛は、骨の病気ではなく筋肉の病気なのだそうです。

以下、引用です...

どうやら腰痛も頚痛も、手足のしびれも、決して背骨の問題から来る痛みではない。手足のしびれや、お尻から太腿にかけての、いわゆる「坐骨神経痛」とこれまで世間で言われている痛みは、これは決して骨(脊柱と椎間板)からくる神経の病気ではない。骨から起きる痛みではない。どうやら、筋肉の中の血管が圧迫されて痛みが出るのである。だから、腰痛とは、文字通り「腰の筋肉の痛み」であり、だから「筋痛症」と呼ぶべきであって、骨の病気ではない。


どうも、ほとんどの腰や背骨の痛みの病気は、筋肉の痛みのようだ。筋肉が受ける刺激とか、筋肉が固まっている、とかいろいろ言い方があるのだろうけど、そういうものであって、決して骨の異常ではない。


ケネディ大統領は大変きつい腰痛持ちで、手術でも症状がよくならなかったと言われていた。ところがその後、このトラベル医師の診断とトリガー・ポイントブロック注射の治療を受けて、症状が改善して元気になったそうである。


トリガー・ポイントブロック治療では、そのトリガー・ポイントに筋肉注射をぶすりと打ち込む。私に筋膜注射をしてくれた医師によれば、注射の中身(液体の内容)はほとんど生理食塩水に近いもので、薬剤をわずかに入れているだけということだ。


やはり「筋肉を包んでいる膜が硬くなっているので、そこに注射する」をしてくれる医者がいい、と私はあえてここで書いておく。


整形外科医の方たちが手術をするのは間違いなので、ヤメておけ、だそうです。

整形外科医たちは骨の異常しか見えないから、腰や首の痛みを骨の病気だと信じている。レントゲンやMRIやCTスキャンには筋肉は写らない。本当は姿勢の歪みによる筋肉の病気なのだ。


それから、歯のインプラント治療も、眼のレーシック術も、ヤメておけ...

氏はそのように語ります...

実験台にされるようなものだから、と...

”痛み”については...

私は鍼灸師が一番いいと今は思っている。


鍼灸術は、中国4000年の、人体を研究し尽くしたところから生まれた。近代西洋500年の医学では、どうにも治せない病気が増えてきたから、みんなが頼る。


なんだそうな...

言われてみれば確かにその通りかな、という感じがします。

もちろん、氏は西洋医学のすべてを否定しているわけではなく、細菌の研究や対感染症については西洋医学を高く評価すべきだと言っています。

要は、なんでもかんでも西洋医学と高学歴で偉そうにしている日本の医者たちを信用するな、と...

もっと、自分自身のからだに聞いた素直な自己診断と古来からの民間療法を見なおせよ、と...

そういうことを語っておりました。

一理あってタメになる内容でした。そして、氏の語り口調が相変わらず面白い...

おススメの一冊だと思います。







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村