2017年12月30日

有名なトンカツ専門店『丸五』に行きました

昨日のランチは、秋葉原にある有名な揚げ物の専門店『丸五』さんに行きました。

ここは少しお値段が高めなのですが、いい油にいい材料を使ってひとつひとつ丁寧に作ってくれる揚げ物の名店で、ミシュランにも載るほどのお店です...

特に有名なのはトンカツですね。

11時半開店で、私は11時15分頃に行ったのですが、すでに長い行列が出来ていました。

1229_0.jpg

待っている間、ときおりプーンと香ばしい香りがただよいます...

ここはゴマ油を使っているそうで、それがお店の外にまで漏れ出てくるみたいです。

この香りも営業上の武器になっているような気がします。
”食欲”をそそりますから...

20分ほど待ってようやく入れまして、カウンター席に案内されました。

「ロースカツ定食(¥1,850円)」を注文します...

10分ほど待って供されました。

1229_1.jpg

テーブルには、ミルでガリガリとかける塩(たぶん岩塩?),カラシ,特製ソース,らっきょうに梅干しの小壺などひと通りが揃っておりました。

オーソドックスにカラシと特製ソースをかけていただきました。

おいしいのはもちろんですが、ひとつひとつ丁寧に作っている感じがしてきます。

使っている油も良さそうで、しつこくありません...

衣の状態もいい感じ...

さすがミシュランに載るだけのことはあるなぁ...

大げさかもしれませんが、一生に一度は食べておくべき名店のトンカツだな、と思いました。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村