2018年02月28日

ラクトジャパンの株主総会に行ってきました

昨日、株式会社ラクトジャパンの株主総会に行ってきました。

場所は地下鉄水天宮駅から直結の『ロイヤルパークホテル』の3階にある大広間でした。

開始時刻のほぼ10時に会場に入ります。

机の上にはペットボトルのミネラルウォーターとコップが置いてありました。

おみやげはなく、結局、戦利品はこのペットボトルの飲み残しだけでした。


さて、株主総会ですが、45分程度ですんなり終了...

質問が飛んだのも2つだけでした。

そのうちの1つ、「営業利益が下がっているのでは?」という指摘に対しては、「弊社は、事業そのものによる利益と為替差益をセットで考えてやっております。会計報告では本業は営業利益で計上され、為替差益と分かれてしまっているので数字が悪く見えるだけ」との回答です。

ん?
それでいいのか??

どういう仕組みかわからないけど(そこのあたりは企業秘密か?)、為替に対する会社の目論みが逆にふれたら容易に赤字に転落するリスクがあるのでは?

と思いました...

直近の平成29年11月期の連結決算では、営業利益約15億に対して、為替差益は約12億弱という巨額の数字になっています。

為替差益の割合が結構大きいよなぁ...

まあ、もうすでに売り払ってしまって現在保有株数ゼロなので、今となってはどうでもいいんですが...







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。




posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

スペイン料理店のコスパ抜群のランチ

昨日のお昼は神田駅から徒歩3〜4分ほどのところにある『ALBA』さんに行きました。

ここは地下にあるお店で、夜は飲み屋になるスペイン料理店さんです。

alba_1.jpg

昼はランチをやってらっしゃるんですが、これがとてもコスパが良いんです。

お店の前に出ている看板をご覧ください...

alba_2.jpg

ライス大盛り無料に、ソフトドリンク,サラダ,スープが飲み放題に食べ放題。

これで、わずか税込み¥750円!!

11時半の開店直後に入ったんですが、すぐに、サラリーマン3人連れが2組(うち1組はOLさんが1人いました),サラリーマン2人連れが2組,サラリーマン単身が1人と、続々とお客さんが入ってきました。

駅近、オフィス街の中、という恵まれた立地条件とはいえ、神田西口商店街という激しい競争エリアにもあることを考えれば、賑わっているなという印象です。

さて、わたしはミラノ風チキンカツをライス大盛りでオーダー。

サラダにスープにドリンクを用意し終わるか否かというタイミングでやってきました。

alba_3.jpg

ドリンクは4種類あって、烏龍茶,コーヒー(アイス・ホット両方あり),ブルーベリー・ジュース,レモン入りの冷水のラインナップ。

最初にブルーベリー・ジュースをいただき、その後、同じくブルーベリー・ジュースのおかわりと、烏龍茶1杯、アイスコーヒー1杯の計4杯をいただきました。

サラダもおかわり2回、スープもおかわり1回しました。

メインディッシュのチキンカツもおいしく揚がっており、楽しめました。

満腹、満腹,そして満足、満足です...

ランチにおススメのお店です。









地下のスペインバル ALBA居酒屋 / 小川町駅淡路町駅神田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

1点差が誘った相手のミスだったなぁ...(平昌五輪、カーリング女子3位決定戦の感想)

約2週間に渡って行われてきた平昌オリンピックですが、昨晩、閉会式が行われ、その幕を閉じました。

たくさんの感動をどうもありがとうございました。

テレビを見て観戦するだけなら無料ですので、これほどお手軽で、質が高く、楽しめるコンテンツって、なかなか無いんじゃないかと思います。

有料のゲームや映画と比べるなら、”珠玉のコンテンツ”ではないのかな、と。

見どころはいろいろとありましたが、なかでも一番楽しめて、なおかつ感動を得たのは、カーリング女子なんじゃないでしょうか?

3位決定戦で勝って見事に銅メダルを獲得し、その後、泣きながら喜んでいた姿は、非常に印象に残りました。



試合展開を見ていて、途中でのミスが、逆に、最後の最後に相手のミスを誘って勝ったのは、この競技の面白さというか不思議さを感じて、そこも興味深かったです...





日本チームは途中で2点を取れるチャンスを活かしきれず、1点差リードのまま、しかも先攻で最終エンドを迎えてしまいます。

カーリングという競技は相手にわざと1点取らせても後攻を得た方が有利な競技なので、1点差リードで先攻というのはほぼ同点のようなもの。

そして、イギリスが後攻の最終エンド...

イギリスは最後に2点を取れば逆転勝利、でなくても後攻なので1点は楽に取れるという状況を得ています。

そんななか、最後の一投で、日本チームの藤沢選手が、イギリスの逆転をお膳立てするかのような”石”の状況を作ってしまいます...



しかし、プレッシャーがかかったんでしょうか。

イギリスの選手の手元が狂って、日本が逃げ切って勝利!

まさか、まさかの結末でした。

いやぁ〜...面白い勝負でしたね。

それにしても。LS北見の皆さん、ホントにおめでとうございます!

いままでの苦労に対して、神様が微笑んでくれたんだと思います。







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村