2018年02月22日

岡部牧夫著『出処進退について』感想(前編)

故・岡部牧夫氏の著作『出処進退について』を読みました。

著者は、第二次世界大戦期の昭和天皇の侍従である岡部長章氏の息子です。

岡部長章氏は江戸時代の岸和田藩主の家系で、明治維新後は華族様ですから、いいところのお坊ちゃんだったようです。

以下、引用です。

私の父岡部長章は、一九三六年三月から四六年四月まで、侍従の地位にあった。……(中略)…… 当時の日本社会で宮内官の子であるということは、特権的身分制度の枠内に育つことを意味した。戦時下の物資の乏しい時代、私の家庭は、飽食するほど恵まれてはいなかったにしろ、父が時折「御所」から持ち帰る艶やかな白いロールパンの味を今も忘れられない程度には、平均的国民の窮乏には遠い暮らしであった。もっと別の家に生まれていたら、当時の乳幼児死亡率の高さからみて、私が今ある確率はずっと少なかっただろう。極端に言えば、私の現在は天皇制のおかげである。物質存在としての私は、それに大いに感謝している。


しかしそんな生い立ちにもかかわらず、大人になり、政治学の研究者になってからは、反戦平和主義の立場で著述をしたためます。

氏はこの著作の中で、日本軍の残虐な行為を徹底的に指弾したり、天皇の戦争責任に踏み込んだりしていますが、それは氏が自虐史観の系譜に連なる学派の一人であるということを示すのではなくて、伝わってくることとしては、史実は史実として目をそむけず直視しつつも、未来へ向かって誠実に日本人のあるべき姿を訴えかける姿勢です。

この方の開明性,合理性,論理性には大いに参考にすべきところがあると思いました。

再び、引用を続けます...

私は世界市民として徹底的な共和主義者であると同時に、極端なまでの軍縮論者であるが、軍事費がひろく世界経済を活性化させ、テクノロジーを発展させる効果には、目をつぶることができない。しかし、狭義の君主制維持費のおよぶ範囲は、伝統工芸の細工師だの、時代ばなれした技芸職人だの、儀礼にともなう資源供給業だの、ごく限られた分野にとどまる。


君主制は少数の例外を除いて、その維持に莫大な経費を要するのが普通である。近代国民国家の経済合理性から考えて、非生産的な君主制維持費は、ある意味で、反戦論者が槍玉にあげる軍事費以上に実効のない、空虚なむだづかいでしかない。


古代中世のころならいざ知らず、少なくとも近代社会では、特定の家系が政治的権威を世襲で伝世する君主制は、不合理でむだな体制だと私は信じている。


問題は、ひとり明治憲法が十九世紀も末になってこのような近代法の常識に背を向け、世界的普遍性の全くない一民族の架空の建国神話と、皇統の一系性という歴史の偽造とを法源として作られたことにある。


克服されなかった前近代的非合理性は、ヨーロッパに台頭した近代的非合理主義のファシズムに表面的な親近感を覚えて共鳴を起こし、一九三〇年代に軍国主義と侵略戦争に走った。


日清戦争から十五年戦争期まで、五十年にわたる日本の中国侵略の実情。この時期に幼児だった私などの世代は、歴史の事実に責任がないだろうか。とんでもない。私たちの両親や祖父母は、中国支配にもとづく輸入大豆を食べ、大豆粕を肥料とする米を食べて生きていた。日本人の肉体は、好むと好まざるとにかかわらず、中国侵略を前提とした物質循環の一部であった。人間も生物だから、生殖のプロセスをへて、物質は親から子に伝わる。私たちは誰一人、この現実から逃れられない。卑屈になることはないが、直視する必要はある。


軍参謀長鈴木宗作は「敵性と判断したものは即時厳重処分せよ」と指示し、この作戦の本質は掃蕩であると説明した。憲兵隊と歩兵二個大隊の補助憲兵からなる昭南警備隊は、この軍命令をもとに二月中に二回にわたって華人の「敵性」の判別(検証)を行い、過去に抗日活動の経歴のあったもの、またそうではないかと思われるものを、一切の法的手続きを経ずに殺戮した。


満洲では軍隊・警察の討伐で一九三二―四〇年に抗日ゲリラ六万六千人が戦死したとされるが、多くは投降後に殺害されている。「満州国」はゲリラ兵士を反徒・盗匪と見なし、逮捕の場で殺すことを法制上認めたのである。


ハーグ条約は、戦争は必要悪として認めざるを得ないにしても、それを少しでも人道的に行うようにしようというのが趣旨であるから、陸戦規定の要件を満たさない戦闘員に、通常の捕虜としての待遇を与える義務を要求していないからといって、有無を言わさず殺してよいとするのは明らかに条約の精神に反する。


戦犯裁判があろうとなかろうと、またそれが公平であろうとなかろうと、私たち日本人はこれに対していやおうなしに何らかの責任を負わされている。責任のとりかたはさまざまであろうが、その最低限の原則は、日本人自身が自国の歴史を、よい面も悪い面も含めて客観的に認識し、それを後世に伝える努力を続けることである。そうしなければ、世界中の被害者・被害民族の糾弾に対して対等に、人間的に答えることができないし、アメリカの原爆投下やソ連軍の暴行・掠奪を倫理的に批判する根拠も失うことになる。


米軍上陸後、ルソン島バタンガス州(マニラ南方)に展開していた藤兵団(歩兵第一七連隊基幹。兵団長は藤重正従)の一部による、リパ市近郊の住民殺害の事実は、友清高志『狂気―ルソン住民虐殺の真相』(徳間書店、一九八三)が克明に紹介している。……(中略)…… 戦後三十年たって、彼はこの本を書いた。またその間たびたびリパを訪れ、今は同地にソバの栽培を普及しようと努力している。彼はかつての自分の役割を隠さずにフィリピン人と交際しようと努めた。フィリピン人は少なくとも彼にかんする限り、その行為を忘れなくても、許そうという気持になっているように見える。日本人がこれから東アジア世界で、何らかの地歩をかためてゆこうとするならば、この著者のような率直で誠実な人間的交際から出発する以外にないだろう。


ここ数年のあいだ私が天皇について、天皇の名において遂行された侵略戦争について、また、その戦争にともなう数々の非人道的な残虐行為について、一人の日本国民として、さらには歴史研究を事とする一個の著述家として、折々に書き綴ってきた断章が改めて成書になることは、まことに感慨深いものがある。これは言わば、私の〈昭和葬送曲〉であろうか。


最近、憲法を改正し自衛隊の存在を書き込むといったことや、来年の天皇退位と改元の問題など、日本の国の形に関するニュース・トピックが話題になっております...

そんななかにあって、氏の著作は、いろんな側面に合理的に切り込みつつ、気づかなかった点に目を見開かせてもくれ、読んで非常に有意義だと感じました。

”平和の祭典”オリンピックも開催中ですが、世界の平和を願うわれわれ一般市民としては、過去の戦争についてその原因を見つめ、真摯に反省し、悲劇が二度と起きないように心がけないといけないと思います。


明日は、氏のこの著作の内容のうち、明治憲法体制について論じている興味深い箇所を取り上げたいと思います。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村