2018年05月05日

大阪まで欅坂46のライブを見にいってきました

昨日、なんと日帰りで大阪まで遊びに行ってきました。

目的地はインテックス大阪...

そこで、”欅坂46”のミニライブと握手会を楽しんできたんです...

このグループは、シングルを出すたびに、東京、名古屋、大阪の3ヶ所でミニライブと握手会を開催するのが常ですが、私は、実はすでに、東京分(幕張メッセで開催)の回に参加済みです(4月22日の記事を参照)。

通常、東京開催分のイベントに参加したら、わざわざ他所にまで遠征はしません。交通費もかかりますしね。

しかし、欅坂46はメンバー2名の休業がこの前日の5月3日に発表されたばかりでして、いつまで今の姿を見れるかもわからない、そんな刹那的な哀愁感もあって、この目に留めておきたい想いを抑えきれずに今回は大阪まで遠征することに決めました。

買ったJRのキップは、東京都内→新大阪→大阪→環状線内回り→天王寺→奈良、までの往復乗車券と新幹線の自由席特急券です。

こうして往復キップにして買うと、乗車券だけは1割引きになって安くなるんです。

それでも、地下鉄中央線の料金まで含めると、全部で¥18,000円ほどのお金がかかりました。

しかし、それでも悔いはありません...

そもそもアーティストの”旬”って短いんですよね...

我々の人生よりも短いですから...

だから、その輝きを自分の目で確かめることは、容易にはお金に換えられないほど、非常に価値あることだと思っています。

さて、前置きが長くなったので、本題に入りたいと思います。

まずは、朝9時半頃のインテックス大阪の風景です。

0504_101.jpg

インテックス大阪は実は初めてだったのですが、キレイでいい施設ですね。

この後、ミニライブのための待機列に並んだんですが、大勢の人が集まってきました。

0504_103.jpg

見ての通り、若者多し...

でも、シンガーソングライターの大森靖子さんや立憲民主党の枝野代表など、大の大人でも熱烈なファンが多いですし、決して中高生中心のアイドルグループではありません...

このお2人の他に有名人でこのグループに魅せられているのは、歌舞伎役者の中村勘九郎さん、お笑い芸人のいとうあさこさんや内村光良さんなどがいらっしゃいます。

それほど、単なるアイドルグループではない何かがこのグループにはある...

それに、名プロデューサー秋元康氏は、昭和レトロな曲さえも作ってこのグループの持ち歌のラインナップに加えているんです。

この日、披露された、『ゼンマイ仕掛けの夢』なんかがそうです。



もちろん、一番盛り上がったのはコレ...



ロックだよなぁ...

合いの手を入れるところはライブ会場にいたみんなで叫びました。

「ロッキュー!!」って...


帰りは現地を4時少し前に発ち、新幹線で駅弁をぱくつき、自宅の最寄り駅に19時半頃に到着しました。

往復ともにのぞみの自由席でしたが、連休中だからか空いていて、両方とも座れました。

新幹線の便利さを再確認するとともに、いま、この平和な国・日本に生きていることに感謝の気持ちを持ち、同時に、「いい日、いちにち」って思いました。

ありがとぅ〜...









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村